債務整理の相談は解決実績多数の当センターにお任せください。

運営:司法書士法人かながわ総合法務事務所
   東京都渋谷区神南1-15-3 神南プラザビル504
   (渋谷駅から徒歩8分・原宿駅から徒歩12分)

お電話での債務整理の無料相談はこちら

0120-631-625
受付時間
平日:9:00~21:00
土曜:10:00~16:00
定休日
 日曜・祝日

メール相談も無料!お気軽に

借金が支払えなければ債務整理を検討!
~クレジットカードの支払いが難しければ債務整理を利用しましょう

クレジットカードは、現金が手元に無くてもショッピング(お買物)ができたり、必要な時に現金を引き出せたりととても便利なものです。しかし、便利である反面、つい使いすぎてしまった…なんてことも多いことでしょう。

「支払いを考えずに買い物に使いすぎた」

「リボ払いの設定が高くなりすぎている」

「利息にしか支払いがあたらず借金が減らない」

これはクレジットカードで借金が多くなってきてしまった人の共通の悩みです。

クレジットカードでショッピングをすることは、一時的にクレジット会社からお金を立て替えてもらっているだけで、借金には違いありません。

一括払いであれば、支払い日までに遅延することなく支払えば無利子で借金をしているということになり、分割払いであれば、ほとんどは利子が発生する借金です。

このような場合には任意整理を行って、
支払いを変えてみましょう!

クレジットカードの支払いが、今までは問題なくできていたものの、今月だけが返済期日に間に合わない場合には、まずは、自分でクレジットカード会社に連絡をしてみましょう。

多くのクレジット会社がが返済期日を伸ばしてくれる可能性が高いです。ここで重要なことは『いつまでに返済できるか』を明確に伝えることです。1~2週間ほどであれば、待ってくれるところは多くあるようです。

ただし、返済日を過ぎてしまっていると、信頼関係が薄くなってしまっているので、中々応じてもらえなかったりします。クレジットカード会社から連絡がある前に、自分から連絡をしてみましょう。

支払える見込みがなければ債務整理を検討!

クレジットカードの支払い額が多すぎて、「今月払えてもいずれ支払えなくなる」という場合には債務整理を検討しましょう。

1ヶ月や2ヶ月くらいであれば、生活を切り詰めて支払額を用意したり、親族や、友人に借りて返済にあてることは可能かもしれません。しかし、それが半年も一年も継続するとなると難しいでしょう。

このような事態に陥ってしまっている場合は早期に債務整理を考えてみましょう。

債務整理には大きく分けて以下の3つがございます。

①任意整理

②個人再生

③自己破産

3つの債務整理の方法から自分に適した方法を選択していきます。

借金額にもよりますが、途方もないほどの多額で無ければ①の任意整理を検討してみましょう。

クレジットカードの返済において、自分の返済能力を超過してしまっている状態というのは、複数のクレジットカードを使用していて、最低返済額の合計が返済能力を超過しているとうことになります。

つまり、最低返済額では殆ど利息に充てられ、元金が減っていかない状態です。

任意整理を行うと、この利息をカット(支払わなくてもよい)できる可能性が非常に高いのです。

また、返済期間も3~5年で設定できますので、一か月の返済額を下げることができ、余裕を持った生活とすることができるのです。

仮にあなたが、5枚のクレジットカードを持っていて、合計200万円の借金をしていたとしましょう。

任意整理によって5年間(60回払い)で債権者と和解交渉が成立すると、一か月の返済額は約3万4千円程になります。

クレジットカードの分割払いやキャッシングは基本的にリボ払いとなっているのですが、完済するころには借金額の30~50%程が利息として支払っていることが相場ですので、200万円の借金ですと、60~100万円程も利息分となりますが、任意整理をするとこれがゼロにできるのです。

※利息額はリボ払い設定の毎月の返済額によって異なります。

クレジットカードでの借金が返済困難になった方で、元金を60回払いで支払っていけそうであれば任意整理がおすすめです。

 

②の個人再生は元本ですらも支払いが困難な場合に検討してみましょう。

個人再生は大幅に元本を減額できる手続きとなります。

クレジットカードでの借金が500万円だとしますと、任意整理では毎月8万4千円程返済していく必要があります。

毎月の返済能力が3万円程度しかない場合は任意整理では対応しきれませんので、個人再生を考えざるを得ません。

500万円の借金は最大100万円まで減額することが可能となり、毎月の返済額は2万8千円程で良いことになりますので、返済していけるということです。

もちろん、大幅に減額できる分デメリットもございますので、事前にしっかりと把握するようにしましょう。

不明点がございましたら当センターまでお気軽にご相談ください。

 

③の自己破産は一切の返済能力が無い場合に検討してみましょう。

自己破産は全ての借金をゼロにできる手続きとなります。

クレジットカードでの借金が800万円だとし、個人再生だと毎月の返済額が約4万5千円程となりますが、それさえ用意できない場合は自己破産を考えなければいけません。

自己破産は借金がゼロになる分デメリットは債務整理の中でも一番厳しいものとなります。全財産の没収などがそれにあたります。

クレジットカードの借金に悩んでいる方へ

クレジットカードは現金が手元に無くてもショッピングができたり、設定した限度額までなら現金を引き出せたりと大変便利である反面、つい使いすぎてしまうなんてことも多いことでしょう。

 

「返済できる目途が無いのに買い物に使いすぎた」

「とうとう一か月の返済可能な額を上回った」

「返済額が殆ど利息分にしかならず借金が減らない」

 

上記のような状態になってしまった人は危険信号です。

クレジットカードでショッピングをすることは、一時的にクレジット会社からお金を立て替えてもらっているだけで、借金には違いありません。

一括払いであれば、支払い日までに遅延することなく支払えば無利子で借金をしているということになり、分割払いであれば殆どは利子が発生する借金です。

今月だけ返済期日に用意できそうにない

クレジットカードの支払いで今まで問題なく返済できていたけども、今月だけが返済期日に用意できそうにない場合は自らクレジットカード会社に連絡をしてみましょう。

多くのところが返済期日を伸ばしてくれる可能性が高いです。

ここで重要なことは『いつまでに返済できるか』を明確に伝えることです。

1~2週間程であれば待ってくれるよころは多々ございますので、一度連絡をしてみましょう。

ただし、返済期日を過ぎてからでは中々応じてもらえなかったりします。

今月も来月からも借金返済が厳しい

クレジットカードの一か月の返済額が、自分の返済能力を超過してしまっている場合は債務整理を検討しましょう。

一か月や二か月くらいであれば、生活を極限まで切り詰めて返済額を用意したり、親族や、友人に借りて返済にあてることは可能だとしても、それが半年も一年も継続することは難しいことでしょう。

このような事態に陥ってしまっている場合は早期に債務整理を考えてみましょう。

債務整理には大きく分けて以下の3つがございます。

 

①任意整理

②個人再生

③自己破産

 

3つの債務整理の方法から自分に適した方法を選択していきます。

借金額にもよりますが、途方もないほどの多額で無ければ①の任意整理を検討してみましょう。

クレジットカードの返済において、自分の返済能力を超過してしまっている状態というのは、複数のクレジットカードを使用していて、最低返済額の合計が返済能力を超過しているとうことになります。

つまり、最低返済額では殆ど利息に充てられ、元金が減っていかない状態です。

任意整理を行うと、この利息をカット(支払わなくてもよい)できる可能性が非常に高いのです。

また、返済期間も3~5年で設定できますので、一か月の返済額を下げることができ、余裕を持った生活とすることができるのです。

仮にあなたが、5枚のクレジットカードを持っていて、合計200万円の借金をしていたとしましょう。

任意整理によって5年間(60回払い)で債権者と和解交渉が成立すると、一か月の返済額は約3万4千円程になります。

クレジットカードの分割払いやキャッシングは基本的にリボ払いとなっているのですが、完済するころには借金額の30~50%程が利息として支払っていることが相場ですので、200万円の借金ですと、60~100万円程も利息分となりますが、任意整理をするとこれがゼロにできるのです。

※利息額はリボ払い設定の毎月の返済額によって異なります。

クレジットカードでの借金が返済困難になった方で、元金を60回払いで支払っていけそうであれば任意整理がおすすめです。

 

②の個人再生は元本ですらも支払いが困難な場合に検討してみましょう。

個人再生は大幅に元本を減額できる手続きとなります。

クレジットカードでの借金が500万円だとしますと、任意整理では毎月8万4千円程返済していく必要があります。

毎月の返済能力が3万円程度しかない場合は任意整理では対応しきれませんので、個人再生を考えざるを得ません。

500万円の借金は最大100万円まで減額することが可能となり、毎月の返済額は2万8千円程で良いことになりますので、返済していけるということです。

もちろん、大幅に減額できる分デメリットもございますので、事前にしっかりと把握するようにしましょう。

不明点がございましたら当センターまでお気軽にご相談ください。

 

③の自己破産は一切の返済能力が無い場合に検討してみましょう。

自己破産は全ての借金をゼロにできる手続きとなります。

クレジットカードでの借金が800万円だとし、個人再生だと毎月の返済額が約4万5千円程となりますが、それさえ用意できない場合は自己破産を考えなければいけません。

自己破産は借金がゼロになる分デメリットは債務整理の中でも一番厳しいものとなります。全財産の没収などがそれにあたります。

まとめ

クレジットカードでの借金返済において、一時的な困難であればクレジットカード会社に待ってもらう交渉をしてみましょう。

返済困難が継続的なことが予想できるのであれば債務整理を検討してみましょう。

任意整理、個人再生、自己破産の3つのパターンをご紹介してきましたが、クレジットカードで抱える借金において、元本すらも返済が難しい状態にはなかなか陥らないことでしょう。(総量規制があるため)

現実的な債務整理は、利息をカットでき、元本を3~5年で支払っていく任意整理といえるでしょう。

当センターでは多くの借金相談を受けてきた実績がございますので、クレジットカードでの借金返済が困難だと感じている方は一度無料相談をご利用してみてください。

債務整理についてのその他のページはこちら

実際に行った任意整理の成功例の一部をご紹介。任意整理の流れをマスターしましょう。

強力な借金減額方法の個人再生。個人再生でどのくらい借金が減るかを見ていきましょう。

債務整理のデメリットが心配…という方のために、考えられるデメリットをまとめてみました。

まずはお気軽に無料相談・お問合せをご利用ください!

相談を受ける女性スタッフ-債務整理相談センター【東京店】

債務整理の無料相談はこちらから

0120-631-625

債務整理に関するご相談は、お電話またはメールフォームより可能です。完全無料ですのでご安心下さい。メールでのお問合せは24時間受付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

受付:平日9:00~21:00 土曜:10:00~16:00
定休日:日曜・祝日

債務整理相談センター[東京店]へのアクセスはこちら

クレジットカードの支払いに困った方はこちらへ

相談を受ける女性スタッフ-債務整理相談センター【東京店】

債務整理相談・任意整理診断
無料ですのでお気軽にどうぞ!

0120-631-625

債務整理のことや、借金があるけどどうしたらよいか分からない、いい解決方法を知りたいなどお気軽にご連絡下さい。

Menu

運営事務所概要

債務整理相談センター[東京店]
運営:かながわ総合法務事務所
お電話でのお問い合わせ
03-6455-3042
メールでのお問い合わせ
住所

[東京店]
東京都渋谷区神南1-15-3 

神南プラザビル504