債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の実績多数!東京駅・池袋駅近くの弁護士事務所です!

東京都中央区八重洲1-5-9 八重洲アメレックスビル6F
(東京駅八重洲北口徒歩3分・東京メトロ日本橋駅徒歩2分)

東京都豊島区南池袋2-26-4 南池袋平成ビル6F
(池袋駅西武口徒歩3分)

受付時間
平日:9:00~21:00
土日祝:9:00~18:00

※12月31日~1月3日は除く。
また、大型連休中の休業や臨時休業もございます。

取扱業務
債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金)      

債務整理の無料相談はこちら

債務整理専用の無料ダイヤル
0120-621-017

三井住友カードの返済は債務整理で解決!任意整理できる?過払い金は出る?

弁護士とパラリーガル

「三井住友カードの支払いが苦しいので債務整理したい」
「三井住友カードの任意整理について詳しく知りたい」

銀行系クレジットカードのSMBCカードに加えて、ANAカードなどの交通系クレジットカード、ガンダムVISAカードやドラゴンクエストX VISAカードなどのアニメ・ゲームコラボカード、早稲田カードStudentsなどの大学系クレジットカードといった多数の提携カードを提供している三井住友カード。

自分に合ったクレジットカードを気軽に作れる反面、うっかり使いすぎてしまったり、予期していなかった事情で返済計画が狂ってしまったりすることも時にはあるでしょう。

そんなときに頼りになるのが、任意整理という債務整理の手続きです。

任意整理をすると、利息をカットして0円にしてもらうという借金減額効果を受けることができます。

また、元本の返済期間も長めに設定してもらえるため、毎月の負担を今より小さく抑えることができます。

三井住友カードの支払いが苦しい人は、ぜひ最後まで読んで任意整理について知ってください。

三井住友カードの債務整理なら任意整理が最適

利息を0円にしてもらえる借金減額効果

任意整理では、弁護士に依頼して三井住友カードと交渉することで、利息や遅延損害金を0円にしてもらうことができます。

クレジットカードの支払いには高めの利息が付くことが多いため、任意整理で利息をカットできれば、大きな借金減額効果が見込めるのです。

例えば、借りた金額が100万円であっても、利息を含めた返済額が約130万円まで膨らんでしまった、ということが珍しくありません。しかし、任意整理をすれば、利息の約30万円を全額カットして0円にしてもらうことができます。

また、支払いが滞ると発生する遅延損害金(延滞金)も、任意整理をすることで0円にしてもらえます。

遅延損害金のせいで借金を返済できずにいる人は、積極的に任意整理を検討してみるとよいでしょう。

長期の返済期間で毎月の負担を軽減

任意整理では、もともと借りた金額である元本はすべて返済しなければなりませんが、元本の返済期間を長めに設定してもらうことで、毎月の負担を分散させて軽くすることができます。

三井住友カードを任意整理する場合、返済期間は70回払いに設定してもらえることが多くなっています。

仮に100万円の元本を返済する場合、36回払いだと毎月の返済額は約2万8000円ですが、70回払いに延ばしてもらうと毎月の返済額を約1万4000円まで抑えることができるのです。

このように、任意整理では利息・遅延損害金のカットと返済期間の調整によって、毎月の負担を今までより大幅に軽くすることが可能です。

※借り入れ額や借り入れ期間によって、受け付けてくれる分割回数は異なってきます。

当相談室では、あなたが任意整理すると、月々の返済額は実際にいくらになるのかを無料で診断しておりますので、お電話やメールフォームにてお気軽にお問い合わせください。

弁護士にお任せで楽々債務整理

任意整理では、依頼した本人がしなければならないことがほぼないため、弁護士にお任せで楽に借金を整理できます。

個人再生や自己破産といった他の債務整理では、本人が直接裁判所に出向く必要があるなど、本人がしなければならないことがいくつかあります。

しかし、任意整理は裁判所を通さない手続きであるため、本人が裁判所に出向く必要がありません。

また、弁護士に正式に依頼をして必要な書類を渡した後は、本人がやらなければならないことはありません。

三井住友カードの任意整理と過払い金

過払い金があれば元本を減らせる

任意整理では原則として借金の元本は全額返済しなければなりませんが、過払い金がある場合は、返還された過払い金で相殺することで借金の元本を減らしたり、借金を完済したりできます。

過払い金とは、法律で指定された上限を超えて支払われた、払い過ぎの利息のことです。

お金を貸すときの利息には、法律で定められた上限があります。

しかし、以前は上限である金利20%を超えても、金利29.2%までなら罰則がありませんでした。

そのため、多くのクレジットカード会社や消費者金融が金利20%を上回るけれども金利29.2%を超えない「グレーゾーン金利」で貸付をしていました。

2006年に最高裁判所がグレーゾーン金利での貸付を認めないとする判断を出すと、2007年までに相次いで金利が引き下げられ、グレーゾーン金利での貸付は行われなくなりました。

また、既に支払われた法定外の金利は、過払い金として返還請求できるようになったのです。

三井住友カードの過払い金請求

三井住友カードの場合、2005年までにキャッシング枠を借金していた人は、過払い金の対象となっている可能性があります。※ショッピング枠は過払い金の対象にはなりませんので注意してください。

三井住友カードへの過払い金請求をした場合、返還率は和解交渉のみなら60~80%、裁判なら70~90%となっています。

三井住友カードを任意整理したときのデメリット

ブラックリストの制限を受ける

三井住友カードの任意整理をすると、いわゆる「ブラックリスト」の状態になり、クレジットカードの利用やローン・キャッシングなどでの借金、分割払いでのスマホ購入といったことができなくなります。

任意整理の場合、ブラックリストの制限は約5年で解除されます。

また、ブラックリスト期間中も、2つの対策を取ることで不便さをあまり感じずに過ごすことが可能です。

ブラックリストの制限への対策

ブラックリストによる制限の中で最も不便に感じられるのは、クレジットカードが使えないということでしょう。

その対策として、まず、任意整理をすると決めたら、クレジットカード払いになっている携帯代や電気代などの毎月の支払いを、コンビニ払いや口座引き落としなど、クレジットカード払いでない決済方法に変更しておきましょう。

それに加えて、インターネット上での決済などをクレジットカードで行っていた人は、デビットカードやプリペイドカードを作ることで、クレジットカードでの支払いと似た感覚で決済をすることができます。

デビットカードは決済をすると即時で口座から代金が引き落とされるカードで、プリペイドカードはあらかじめチャージしておいた金額の範囲内で支払いができるカードです。

どちらもVISAやJCBなどのブランドがあり、見た目もクレジットカードとあまり変わりません。

ブラックリストとは

ブラックリストとは、「信用情報機関」という機関に「三井住友カードを任意整理した」という情報が登録されている状態のことをいいます。

信用情報機関とは、三井住友カードなどお金を貸す事業を行っている会社が加盟している機関で、クレジットカードの利用状況やローンの利用状況など、お金を貸す相手に返済能力があるかどうかを確認するための情報を集めて管理しています。

お金を貸す会社は定期的に信用情報機関の情報をチェックしているので、三井住友カードを任意整理したことは他の会社にも知られることになり、三井住友カード以外の会社でもブラックリストによる制限を受けることになります。

三井住友カードを任意整理すると毎月の負担はここまで減らせる

三井住友カードの支払い70万円を任意整理

主婦をしながらパートをしていたAさんは、初めてのクレジットカードとして三井住友VISAアミティエカードを作りました。

買い物が趣味だったAさんは、インターネットでの決済が便利になったり、手持ちの現金がなくても買い物ができたりすることを嬉しく思いました。

しばらくしてAさんは少し高い家電を買う必要ができ、分割払いでその支払いを行いました。

毎月の返済額を見ても自分のパートの収入で支払えそうだということは、Aさんにとって新たな発見でした。

その後、Aさんは買いたかったけれど我慢していたものを少しずつ分割払いで買うようになっていきます。

これから仕事を頑張れば返せると思っていたのです。

しかし、そうやってお金を使っているうちに、三井住友VISAアミティエカードの支払いは70万円になっていました。

ショッピング枠の上限まで使ってしまったというメールを見て、Aさんはようやく自分の支払いについて詳しく見てみたのです。

Aさんの毎月の支払いは約2万5000円でしたが、その大半が利息の支払いに充てられていて、元本はあまり減っていませんでした。

このままではずっと利息を支払い続けなければならなくなると途方にくれたAさんは、クレジットカードの支払いについてスマホで調べ、任意整理のことを知って当相談室に連絡してみました。

三井住友VISAアミティエカードの支払いは利息を含めて約91万円になっていましたが、任意整理をしたことで利息の約21万円がカットされ、元本の70万円のみを支払えばいいということになりました。

返済期間も70回に調整してもらえたので、毎月の支払いは1万円で済みます。

パートの収入でも十分支払っていけるようになったAさんは、心底安心していたようでした。

三井住友カードの借金50万円とプロミスの借金80万円を任意整理

会社員のBさんは、勤め先の部署が異動になったのですが、異動先での仕事が自分に合わず、強いストレスを感じるようになりました。

もともと少しだけパチスロを打って気晴らしをするのが趣味だったBさんですが、異動になった後はパチスロにつぎ込む金額がみるみるうちに増えていきました。

手持ちのお金が心もとなくなると、Bさんは持っていた「三井住友VISA SMBC CARDクラシック」のキャッシング枠とプロミスで借金をしてまでパチスロを続けてしまいます。

やがて、様子がおかしいことに気付いた妻がBさんに話を聞き、異動のストレスと借金のことが明らかになりました。

このときにはBさんの借金は三井住友カードが50万円、プロミスが80万円になっていました。

Bさんの妻は債務整理のことを少し知っていたので、すぐにインターネットで信頼できそうな弁護士を調べ、当相談室に相談して任意整理をすることになりました。

Bさんの借金は、利息を含めた合計額が約169万円、毎月の支払いが約4万7000円にまで膨らんでいました。

しかし、任意整理をしたことでBさんは元本の130万円を返済するだけでよいということになり、毎月の返済額も約1万9000円まで抑えることができました。

妻の支えでなんとか立ち直ったBさんは、人事部などと相談し、今の会社でうまく働いていく方法を探していくということです。

三井住友カードの返済は債務整理で解決!任意整理できる?過払い金は出る?のまとめ

図書館の本
  • 任意整理では、利息や遅延損害金を0円にしてもらえる
  • 三井住友カードの任意整理では、返済期間は70回払いになることが多い
  • 任意整理なら、弁護士にお任せで楽に借金を整理できる
  • 三井住友カードの場合、2005年までの借金で過払い金発生の可能性あり
  • 任意整理すると約5年間、ブラックリストによる制限を受ける
  • 任意整理すると決めたら、毎月の支払いをクレジットカード払い以外にしておく
  • ブラックリスト中はデビットカードやプリペイドカードを使うとよい

【東京・池袋】債務整理相談室( 運営:弁護士法人心)

弁護士法人心の債務整理相談

債務整理の無料相談はこちらから

0120-621-017

債務整理に関するお問合せは、お電話またはメールフォームより可能です。相談料は完全無料ですのでご安心下さい。メールでのお問合せは24時間受付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

受付:平日9:00~21:00 土日祝:9:00~18:00

【東京・池袋】債務整理相談室へのアクセスはこちら

債務整理のご相談はこちら

債務整理のご相談はこちら

ご相談は完全無料です!

0120-621-017

「破産をせずに解決する方法は?」
「債務整理の費用が気になる」
「自分にはどんな債務整理が…?」

まずはお気軽にお問合せ下さい。

Menu

東京店について

弁護士法人心の東京店
お電話でのお問い合わせ
0120-621-017
住所

東京都中央区八重洲1-5-9 
八重洲アメレックスビル6F
(東京駅八重洲北口より徒歩3分)

池袋店について

弁護士法人心の池袋店
お電話でのお問い合わせ
0120-621-017
住所

東京都豊島区南池袋2-26-4
南池袋平成ビル6F
(池袋駅西武口より徒歩3分)