債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の実績多数!東京駅・池袋駅近くの弁護士事務所です!

東京都中央区八重洲1-5-9 八重洲アメレックスビル6F
(東京駅八重洲北口徒歩3分・東京メトロ日本橋駅徒歩2分)

東京都豊島区南池袋2-26-4 南池袋平成ビル6F
(池袋駅西武口徒歩3分)

受付時間
平日:9:00~21:00
土日祝:9:00~18:00

※12月31日~1月3日は除く。
また、大型連休中の休業や臨時休業もございます。

取り扱い業務
債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金) など     

債務整理の無料相談はこちら

債務整理専用無料ダイヤル
0120-621-017

リボ払いは任意整理で減額できる?

弁護士とパラリーガル

「リボ払いは任意整理で減額できるのか?」
「リボ払いの借金を任意整理することは可能か?」

毎月、返済額が一定のリボ払いは、身の丈に合わない支出を繰り返しがちになる危険な借金方法といえます。

そのため、「気が付いたら借金額がとんでもないことに……」という方が後を絶ちません。

しかも、リボ払いの利息は年利15%程度と非常に高く、借金を繰り返すうちに、利息を返済するだけで元本がまったく減らない、地獄のような状況になるのです。

しかし、リボ払いの借金でも早めに任意整理すれば、最悪の事態を避けることができるでしょう。

今回は、リボ払いを任意整理すると、どうなるのか説明します。

そもそもリボ払いとはどんなものなのか

まずは、リボ払いがどれだけ恐ろしいものなのか理解しておきましょう。

リボ払いとは

リボ払いとは、「毎月の利用額に関わらず、返済額が一定」という借金の返済方式のことです。

たとえば、今月の利用額が10万円だった場合でも、あらかじめ決めた返済額が1万円になっていれば、返済日に1万円しか支払う必要がないのです。

ただし、リボ払いの支払いには手数料が含まれる「元利方式」と、含まれない「元金方式」の2パターンあります。

前述の例でいえば、元利方式の場合は1万円の中に手数料が含まれる形になりますが、元金方式の場合には1万円と別途手数料を支払う必要があるということです。

借金の返済をリボ払いにすると、毎月の返済額が一定のため、家計を管理するうえでは非常に助かります。

しかし、使い続けていくことで借入残高がどんどん大きくなっていくため、計画的に利用する必要があるのです。

リボ払いの恐ろしさ

リボ払いの利息は、多くの貸金業者が年利15%(月利1.25%)に設定している場合がほとんどです。

そのため、リボ払いを使い続けると、毎月の借入残高がどんどん増えていきます。

たとえば、100万円の借金であれば、毎月の利息は12,500円です。

このとき、毎月の返済額が2万円だとすると、半分以上は利息を支払う計算になるため、借金の元本がなかなか減っていかないことになります。

しかし、毎月一定の金額しか返済しないため、長期間に渡って返済を続けられるのです。

これがリボ払いの最も恐ろしい点といえるでしょう。

また、実際には、この状態でさらにリボ払いで買い物を続ける方が多いため、いつまでもリボ地獄から抜け出せなくなるケースが後を絶たないのです。

リボ払いは任意整理できるのか

リボ払いの借金は任意整理することが可能です。

ただし、できるだけ早めに対処することが重要になります。

任意整理とは

任意整理とは、裁判所を介さず、直接債権者(クレジットカード会社・消費者金融・銀行などの貸金業者)にお願いして任意の交渉に応じてもらうことで、将来的に発生する利息と遅延損害金をカットして、3年~5年間の分割払いにしてもらえるよう和解する債務整理(借金問題を法的に解決するために国が整備した制度)のことです。

つまり、任意整理とは「債権者に借金の分割払いを認めてもらう債務整理」といえます。

このように、任意整理のメリットは、毎月の借金返済の負担が軽減され、借金問題の解決に近づくことができる点です。

いっぽう、任意整理すると、信用情報(債権者と顧客の取引履歴や債務整理に関する情報が記録されたもの)に事故情報として登録されます。

その結果、5年程度の期間はクレジットカード会社や消費者金融、銀行といった貸金業者から新たな借り入れができなくなる、いわゆる「ブラックリストに載る」状態になってしまうのです。

ブラックリストに載ると以下のようなデメリットが発生しますので、これから任意整理しようとする方は心に留めておきましょう。

  • クレジットカードの利用と新規発行ができなくなる
  • ローンが組めなくなる(住宅ローンや自動車ローンなど)
  • 分割払い、リボ払い、ボーナス払いなどが利用できなくなる(スマホ新機種の分割購入もNG)
  • キャッシングできなくなる
  • ローンや奨学金の保証人になれなくなる

リボ払いを任意整理するとどうなるのか

クレジットカードを任意整理することで、毎月の返済負担を減らすことができます。

ただし、任意整理では、リボ払いの借入残高を減らすことはできません。

リボ払いの借金を任意整理する最大のメリットは、将来利息のカットになります。

前述した通り、リボ払いで最も厄介なのが高額な利息になるため、これさえなんとかできれば借金の完済に大きく近づくことができるというわけです。

たとえば、300万円のリボ払いによる借金(元金方式)があるとしましょう。これを毎月6万円返済にした場合、

  • 毎月の返済額:リボ払い60,000円 + 手数料32,054円=合計92,054
  • 支払い元金    3,000,000
  • 支払い手数料  949,964
  • 支払い合計金額:3,949,964

となり、完済までに42カ月(50ヶ月)かかります。

もちろん、手数料は支払いを続けることでだんだん減っていきますが、かなりの期間は毎月9万円ほど支払う必要があるので非常に厳しい状況が続くでしょう。

いっぽう、元利方式のリボ払いで毎月6万円返済の場合には、完済まで6年以上(80ヶ月)かかり、手数料も倍近く支払う必要があるという、まさに地獄のような状態になります。

しかし、これを任意整理すると、将来的に発生する利息を支払う必要がなくなるため、50ヶ月の分割払いで債権者と合意できた場合には、

  • 毎月の返済額  60,000
  • 支払い元金    3,000,000
  • 支払い手数料  0
  • 支払い合計金額:3,000,000

となり、毎月6万円を支払えば完済できることになります。

100万円近く発生した手数料もなくなるため、実質的には100万円ほどの減額効果があったといえるでしょう。

このように任意整理すると、リボ払いのボトルネックである将来的に発生する利息をカットできるため、完済しやすくなるのです。

リボの借入残高が多すぎる場合

任意整理では、借金の元本自体は減額されません。

したがって、借金額が大きくなり、毎月の支払い額が身の丈を超えてしまった場合には、借金問題を解決することが困難になるケースもあるでしょう。

前述した300万円のリボ払いの事例でも、毎月6万円の支払いを50ヶ月続ける必要があるため、そもそもこれが支払える経済力がない場合には、任意整理しても借金完済はできないことになります。

そのため、リボ払いの借金問題を解決したい場合には、借入残高が大きくならないうちに、できるだけ早く任意整理する必要があるのです。

任意整理しても、毎月の支払いができないという場合には、個人再生や自己破産といった別の債務整理を検討する必要がでてきます。

「個人再生」とは、裁判所に申立することで借金を1/51/10程度まで減額してもらい、その残りを原則3年間(最大5年間)で返済できれば完済扱いにしてもらえる債務整理です。

したがって、個人再生は、「裁判所に借金の減額を認めてもらう債務整理」といえます。

いっぽう、「自己破産」とは、申立人の財産を清算して債権者に配当する「破産手続」と、裁判所に借金の支払いが不能状態と認められることで借金の返済を免除してもらう「免責手続」という2つの手続を行う債務整理です。

つまり、自己破産とは、「裁判所に借金の支払いを免除してもらう債務整理」といえるでしょう。

ただし、この2つの債務整理は裁判所を介する手続になるため、厳格なルールと手続が必要になることに加え、同居した家族にバレやすいなどデメリットも多くなってきます。

そのため、リボ払いの借金問題を解決するためには、やはりできるだけ早い段階で任意整理するのがおすすめといえるのです。

まとめ

図書館の本
  • リボ払いの借金は任意整理できる
  • リボ払いを任意整理すると、将来的に発生する利息がカットされるため、完済が楽になる
  • リボ払いの借入残高が増えると、任意整理しても毎月の返済額が多くなって厳しくなるため、早めに実施するのがおすすめ

【東京・池袋】債務整理相談室( 運営:弁護士法人心)

弁護士法人心の債務整理相談

債務整理の無料相談はこちらから

0120-621-017

債務整理に関するお問合せは、お電話またはメールフォームより可能です。相談料は完全無料ですのでご安心下さい。メールでのお問合せは24時間受付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

受付:平日9:00~21:00 土日祝:9:00~18:00

【東京・池袋】債務整理相談室へのアクセスはこちら

債務整理のご相談はこちら

債務整理のご相談はこちら

ご相談は完全無料です!

0120-621-017

「破産をせずに解決する方法は?」
「債務整理の費用が気になる」
「どんな債務整理がいい?」

まずはお気軽にお問合せ下さい。

Menu

東京店について

弁護士法人心の東京店
お電話でのお問い合わせ
0120-621-017
住所

東京都中央区八重洲1-5-9 
八重洲アメレックスビル6F
(東京駅八重洲北口より徒歩3分)

池袋店について

弁護士法人心の池袋店
お電話でのお問い合わせ
0120-621-017
住所

東京都豊島区南池袋2-26-4
南池袋平成ビル6F
(池袋駅西武口より徒歩3分)