債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の実績多数!東京駅・池袋駅近くの弁護士事務所です!

東京都中央区八重洲1-5-9 八重洲アメレックスビル6F
(東京駅八重洲北口徒歩3分・東京メトロ日本橋駅徒歩2分)

東京都豊島区南池袋2-26-4 南池袋平成ビル6F
(池袋駅西武口徒歩3分)

受付時間
平日:9:00~21:00
土日祝:9:00~18:00

※12月31日~1月3日は除く。
また、大型連休中の休業や臨時休業もございます。

取扱業務
債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金)      

債務整理の無料相談はこちら

債務整理専用の無料ダイヤル
0120-621-017

楽天カードは債務整理できる?できない?
債務整理をした場合の対応やメリット・デメリットを公開!

弁護士とそのスタッフ

「楽天カードの支払いが苦しいから債務整理したい!」

「楽天カードを任意整理すると過払い金は出るの?」

楽天カードは審査に通りやすくポイントもお得なため、クレジットカード初心者でも気軽に使いやすいといえるカードです。

しかし、気軽さゆえについ使いすぎてしまったり、リボ払いの落とし穴にはまってしまったり、キャッシングで借りすぎたりしてしまう人も少なくありません。

そんな人に知ってもらいたいのが、任意整理です。

借金や支払いの金額が大きすぎて、どうすればいいかわからないという人でも、任意整理で解決することが可能です。仮に150万円の借金があっても、任意整理すれば毎月3万円の返済で完済できるのです。

この記事では、楽天カードの任意整理について詳しくまとめました。具体的な例もありますので、ぜひ最後まで目を通してください。

楽天カードの債務整理に最適なのは任意整理

楽天カード

楽天カードとは、楽天カード株式会社が発行しているクレジットカードで、年会費が永年無料で作りやすい、うまく使えばお得なカードです。

そんな楽天カードの支払いが苦しくなってしまったときは、債務整理の中でも任意整理がおすすめです。その理由を以下にまとめます。

毎月の返済による負担を抑えられる

任意整理をすると、これから支払う利息をカットして0円にしてもらうことができるため、返済総額が元本のみになります。

さらに、返済期間を60回払いに調整してもらうことで、毎月支払う金額を小さくして負担を抑える効果があります。

詳しい例が記事の最後にありますので、目を通してみてください。

家族や周りの人にバレない

任意整理はあなたと弁護士、楽天カードが任意で行う交渉であり、他の債務整理と違って裁判所を通す必要がありません。

そのため、任意整理したということを知っているのは弁護士と楽天カードのみということになります。

弁護士には守秘義務があるので、任意整理について他の人に話すということは決してありません。

また、任意整理を開始した後は楽天カードからの連絡がすべて弁護士に行くため、あなたへ直接連絡が来ることもありません。

ですので、任意整理は周りの人に秘密で借金の問題を解決したいときに最適なのです。

逆に、任意整理をしないで督促の電話や郵便が続く状態にしてしまうと、かえって家族や周りの人に気付かれやすくなるといえるでしょう。

任意整理と過払い金請求について

それでは、任意整理というのは具体的にどのような債務整理なのかを簡単に説明します。

任意整理で利息カット・返済期間調整

任意整理では、弁護士に依頼して楽天カードと交渉してもらい、これから支払う利息のカットや返済期間の調整をしてもらうことになります。

任意整理では借金の元本を減らしてもらうことはできませんが、まだ支払っていない利息や遅延損害金(延滞金)をカットして0円にしてもらうことはできます。

また、返済期間を60回などの長期に調整してもらうことで、毎月の返済額を小さく抑えて負担を軽くすることができるのです。

過払い金がある場合は元本も減らせる

残念ながら楽天カードの場合は当てはまらないのですが、他のカードや消費者金融での借金の場合、過払い金があると元本も減らせることがあります。

過払い金というのは、2007年以前にクレジットカード会社や消費者金融でお金を借りていた場合に発生する可能性がある、「払いすぎた利息」のことです。

2007年以前は、法律で定められた上限を超える金利で貸付をしても、罰則がありませんでした。そのため、クレジットカード会社や消費者金融は違法であるけれども罰せられないグレーゾーンの金利で貸付を行っていたのです。

現在では、こうした「払い過ぎの利息」は過払い金請求で返してもらうことができます。

ただし、楽天カードの場合は過払い金が発生する可能性がありません。

過払い金が発生する可能性があるのは2007年までですが、この時期に楽天カードを提供していたのは「楽天KC」という会社でした。

楽天KCは2011年にJトラスト株式会社に売却されたため、現在では楽天カードから過払い金が発生することはありません。

任意整理に対する楽天カードの対応

ここからは、実際に任意整理を行ったときの楽天カード側の対応についてまとめます。

将来利息と遅延損害金を払わなくていい

楽天カードの借金を任意整理した場合、将来利息(これから支払わなければならない利息)と遅延損害金(延滞料)を支払う必要がなくなります。

下で詳しく例をあげていますが、例えば200万円の借金を任意整理して40万円近い利息を0円にしてもらえるなど、任意整理には利息をカットできるという借金減額効果があります。

楽天カードのようなクレジットカードのリボ払いなどでは、利息が高額になっているケースが多いですので、任意整理の効果がしっかりと感じられるはずです。

また、返済が滞って滞納してしまっている場合は遅延損害金が付きますが、任意整理では遅延損害金を0円にしてもらうことができます。

既に滞納が続いていて、遅延損害金のせいで借金が完済できないという人も、任意整理で借金を整理することが可能というわけです。

60回の分割払いが可能

楽天カードを任意整理すると、借金の金額や借りていた期間にかかわらず、返済期間は60回の分割払いで和解してもらえることがほとんどです。

このように返済期間を長く調整してもらえるため、楽天カードの任意整理では返済額を小さく抑えることができ、周りの人に知られずに完済しやすくなっています。

さらには、借り入れ額や借り入れ期間によっては、72回や84回払いも受け付けてくれる可能性があります。

当相談室では、あなたが任意整理すると、月々の返済額は実際にいくらになるのかを無料で診断しておりますので、お電話やメールフォームにてお気軽にお問い合わせください。

楽天カードを任意整理するとブラックリストに載る

楽天カードを任意整理すると、信用情報に傷がつき、いわゆる「ブラックリスト」の状態になります。

信用情報機関と信用情報

楽天カードなどのクレジットカード会社に加え、銀行や消費者金融といったお金を貸す事業を行っている会社は、「信用情報機関」と呼ばれる機関に加盟しています。

信用情報機関とは、クレジットカードの利用状況や延滞の有無などの「信用情報」とよばれる情報を集めて管理している機関です。

カード会社などは、この信用情報を確認することで、お金を貸す相手に返済能力があるかどうかを確かめているというわけです。

楽天カードの任意整理を行うと、信用情報機関に「もともと決められた条件で支払いを行うことができずに任意整理をした」というマイナスの情報が登録されます。

この状態が、信用情報に傷がついた状態、いわゆる「ブラックリスト」です。

ブラックリストに載るとできなくなること

ブラックリストに載っている間は信用情報に傷がついているため、以下のような制限がかかります。

  • 今まで持っていたクレジットカードが使えない
  • 新規でクレジットカードを作成できない
  • ローンを組めない
  • キャッシングなどでお金を借りられない
  • 分割払いで携帯電話やスマホなどを買えない
  • 借金の保証人になれない
  • 家を借りるときに一部の保証会社が使えない

任意整理の場合、ブラックリストに載るのは約5年間です。その期間が過ぎると、ブラックリストは解除され、上のような制限もなくなります。

ただし、信用情報機関から任意整理の情報が登録解除されても、楽天カード株式会社には任意整理の情報が残り続けます。

そのため、楽天カードを任意整理した場合は、ブラックリスト解除後も楽天カード株式会社が発行するクレジットカードを利用することはできないと考えたほうがよいでしょう。

楽天カードを任意整理すると借金返済の負担はここまで減らせる

最後に、楽天カードを任意整理するとどのくらい借金返済の負担が減らせるのか、具体的な例をあげて説明します。

楽天カードだけを任意整理する例

パートで働いている主婦のAさんは、初めてのクレジットカードとして、パートでも審査に通りやすい楽天カードを持ちました。

Aさんは、楽天市場でのネットショッピングで楽天カードを使ってポイントを貯め、そのポイントをツルハグループの「くすりの福太郎」で日用品を買うのに使うなど、買い物のお得感を楽しんでいました。

そんなとき、Aさんの夫が単身赴任で1年ほど外国へ行くことになったのです。

Aさんは仕事を頑張る夫を応援していたのですが、寂しさから買い物の数が徐々に増えていきました。分割払いで高額なものを買ってしまうことも増え、やがてショッピング枠の上限50万円まで買い物をしている状態になりました。

そんな時期に、たまたまAさんの友人の冠婚葬祭が続き、生活費が足りなくなった月がありました。単身赴任中の夫に相談するのもはばかられ、Aさんは楽天カードについているキャッシングを利用することにしました。

楽天カードのキャッシングを借金するのは驚くほど簡単でしたが、Aさんの借金はそこで止まりませんでした。Aさんは増えていた買い物を止めることができず、キャッシングで借りたお金で買い物をするようになっていたのです。

気が付いたときには、Aさんはショッピング枠とキャッシング枠合わせて100万円の借金を抱えていました。毎月の支払いは約5万円になり、家計の維持が苦しくなっていました。

悩んだ末に、Aさんは当センターに相談し、任意整理をすることにします。

その少し前に、Aさんの夫が単身赴任から帰ってきていました。任意整理のことを夫に知られたくないというAさんの希望を尊重して、連絡は自宅ではなくAさんの携帯電話に入れ、連絡する時間帯についてもAさんの希望に合わせました。

仮にAさん任意整理をしなかったら、毎月約5万円を2年間支払い続け、利息と合わせて約120万円を返済しなければならないところでした。

しかし、任意整理をしたことで、Aさんは利息の約20万円をカットして0円にしてもらい、返済額を100万円に抑えることができました。

また、返済回数を60回払いにしてもらったため、毎月2万円を返済すれば5年で借金を完済できるようになったのです。

Aさんはパート収入から毎月2万円を支払うことで、夫に気付かれずに借金を完済しましたが、この経験で「夫に心配をかけたくない」という気持ちが強くなり、二度と借金はしないと決意しました。

楽天カード・アコム・プロミスを任意整理した例

会社員のBさんは、審査に通りやすくポイント還元率がお得であるという点に惹かれて、楽天カードを持ちました。

しかし、あまり深く考えずにリボ払いにしてしまったのが落とし穴でした。Bさんは知らず知らずのうちに浪費を重ねてしまい、カード上限の50万円の支払いが苦しくなっていきました。

その結果、消費者金融のアコムとプロミスからも合計で150万円の借金をすることになりました。借金額は合計で200万円となり、毎月の返済額も約10万円だったため、生活するのになんとか足りる程度のお金しか手元に残らなかったのです。

Bさんの場合、返済額のほとんどが利息分となっていたため、返済をいくら続けても借金の元本が減らないという状態が長く続きました。このままではまずいと思ったBさんは、当センターに相談して任意整理をすることにします。

もし任意整理をしなかったら、Bさんは毎月10万円を2年間支払い続け、利息と合わせて約240万円を支払わなければならなかったでしょう。

任意整理をしたことで40万円もの利息がカットされ、Aさんが返済しければならない金額は200万円に抑えられました。返済期間も60回払いに延長されたため、毎月の返済額は3万3000円あまりと、以前の3分の1程度になりました。

Bさんのように、リボ払いの怖さを知らずにクレジットカードを使いすぎてしまう人は決して少なくありません。日頃気を付けなければならないことであるとともに、いざというときのセーフティーネットとして任意整理があるということを覚えておくとよいと思います。

楽天カードの返済は債務整理で解決!任意整理できる?過払い金は出る?のまとめ

図書館の本
  • 楽天カードの債務整理には、デメリットの少ない任意整理が最適
  • 任意整理なら周りの人にバレずに楽天カードの借金を債務整理できる
  • 楽天カードの任意整理では過払い金は発生しない
  • 楽天カードの任意整理では60回の分割払いで和解が可能
  • 楽天カードを任意整理するデメリットはブラックリストに載ること
  • ブラックリスト解除後も楽天カードのクレジットカードは利用できない可能性が高い
【東京・池袋】債務整理相談室TOPへ

あなたの借金はいくら??

借金がいくらあるかによって、行う債務整理は変わっていきます。個々のご収入にもよりますが、借金300万円以下の場合にはまず任意整理を検討してみましょう。個人再生や破産などの裁判所を利用する手続きを避けたほうが家族や職場にはバレにくく債務整理ができます。

【東京・池袋】債務整理相談室( 運営:弁護士法人心)

弁護士法人心の債務整理相談

債務整理の無料相談はこちらから

0120-621-017

債務整理に関するお問合せは、お電話またはメールフォームより可能です。相談料は完全無料ですのでご安心下さい。メールでのお問合せは24時間受付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

受付:平日9:00~21:00 土日祝:9:00~18:00

【東京・池袋】債務整理相談室へのアクセスはこちら

債務整理のご相談はこちら

債務整理のご相談はこちら

ご相談は完全無料です!

0120-621-017

「破産をせずに解決する方法は?」
「債務整理の費用が気になる」
「自分にはどんな債務整理が…?」

まずはお気軽にお問合せ下さい。

Menu

東京店について

弁護士法人心の東京店
お電話でのお問い合わせ
0120-621-017
住所

東京都中央区八重洲1-5-9 
八重洲アメレックスビル6F
(東京駅八重洲北口より徒歩3分)

池袋店について

弁護士法人心の池袋店
お電話でのお問い合わせ
0120-621-017
住所

東京都豊島区南池袋2-26-4
南池袋平成ビル6F
(池袋駅西武口より徒歩3分)