債務整理の相談は解決実績多数の当センターにお任せください。

運営:司法書士法人かながわ総合法務事務所
   東京都渋谷区神南1-15-3 神南プラザビル504
   (渋谷駅から徒歩8分・原宿駅から徒歩12分)

お電話での債務整理の無料相談はこちら

0120-631-625
受付時間
平日:9:00~21:00
土曜:10:00~16:00
定休日
 日曜・祝日

メール相談も無料!お気軽に

アルバイトでも債務整理できる…?
ー返済ができる収入が確保できればアルバイトでも問題なし!

債務整理を説明する司法書士-アルバイトしかしていないけど債務整理できる?

社会人として働くというと、一昔前までは正社員としてどこかの会社に雇用されることが当たり前でした。しかし、この20年であらゆる業界の雇用形態は大きく変化しています。それだけ、働き方も大きく変化しているのです。

そんな中、正社員として働くことができず、アルバイトで生活しているという方も多くなってきています。近年ではアルバイトであっても利用することのできるキャッシングサービスや、クレジットカードも多くなっていることから、つい使いすぎてしまい、返済ができなくなってしまうケースが増えているといわれています。

そんな借金問題を解決するための有効な手段のひとつが債務整理です。

では、アルバイトしかしていない場合も債務整理を行うことはできるのでしょうか?

アルバイトでも任意整理はできるのか?

アルバイトする女性-アルバイトしかしていないけど債務整理できる?

債権者(消費者金融やクレジットカード会社)と債務者(借金をしている人)で交渉を行うことによって返済計画の立て直しや、利息や遅延損害金などの免除を目的とした任意整理の場合、アルバイトであっても行うことができます。
※厳密には司法書士や弁護士が債務者の代理人として交渉を行います。

そもそも、任意整理は裁判所を介した法廷手続きではありませんので、誰でも行うことができるのです。もちろん、アルバイトの収入しかないというケースであっても任意整理による総返済額の圧縮や、支払計画の立て直しは十分に可能です。

とはいっても、任意整理の場合、あくまで引き直し計算や返済計画の見直しがメインですので、基本的に借金の元本を減らすことができるわけではありません。原則として5年間で少なくとも元本はすべて返済する必要があるのです。そのため、借金の額があまりにも大きく、収入が少ない場合は任意整理による解決が困難なケースもあるのです。もちろん、こういった事態を防ぐために総量規制という制度があり、年収の3分の1以上の借り入れをすることはできないようになっています。

しかし、もともとは正社員として働いていたものの、失業などによってアルバイト生活となり、大幅に年収が減少してしまうというケースも少なくありません。そうなると、これまでは当たり前に支払うことができていたにも関わらず、急に返済が苦しくなってしまう可能性は十分にあります。こういったケースの場合、借金の額と収入のバランスが悪く、5年間での返済が困難となる可能性が高いことから、任意整理による解決は難しいかもしれません。具体的に例を出しますと、借金が200万円あるとしましょう。最長5年での元金分割返済となりますので、毎月¥34,000を返済していけることが、任意整理を行うための条件となるということです。借金が300万円であれば、毎月の返済額は¥50,000になります。

任意整理について詳しくはこちら

短期のアルバイトや日雇いだと任意整理出来ないこともある

ショックを受ける男性-アルバイトしかしていないけど債務整理できる?

任意整理の場合、元本を完済するまでは継続して返済をしなければなりません。もちろん、アルバイトであっても、その収入がある程度安定していれば、継続的な返済は不可能ではないでしょう。しかし、短期のアルバイトや日雇いなどを主な収入源としている場合は別です。収入が不安定ですので、継続した返済が困難であると判断され、和解することができないケースがあります。先ほどもお話した通り、任意整理はあくまで債務者と債権者の交渉によって解決を目指すものであって、債権者はこれに応じる義務があるわけではありません。そのため、収入が不安定な状態で計画書を作成して相手に提出したとしても、それが認められない可能性があります。 よって、任意整理での借金問題解決を考えている場合は、長期間にわたって安定した収入を得ることのできるアルバイトや仕事を探す必要があるのです。

これは、アルバイトに限った話ではなく、フリーランスや自営業を行っている場合も同様で、収入が不安定な場合は任意整理を行うことができないケースがありますので注意しましょう。

しかし、借金の額などによっても任意整理が可能かどうかは変わります。また、他の債務整理を行うにしても、自分だけで判断することは難しいので、一度当センターにご相談ください。

個人再生はアルバイトだと厳しい

悩む男性-アルバイトしかしていないけど債務整理できる?

では、個人再生の場合はどうなのでしょう?

任意整理と違って、借金の元本を最大で80%圧縮することができますので、借金の額に対して収入が少ない場合でも利用することができると考えている方も多いかもしれません。確かに、個人再生は借金の額と収入のバランスから、全額の返済が困難である場合に行われることの多い方法ですが、アルバイトの場合は認められないケースがほとんどです。個人再生の場合、裁判所を通した法定手続きですので、最低返済額を3年間で返済することができるか否かの判断もかなり厳しくなってしまうのです。いくら継続的なアルバイトだっても、やはり正社員と比べると平均的な収入も少なく、また安定性にも欠けます。そのため、個人再生が認められない可能性はかなり高いといえます。

とはいっても、絶対に不可能というわけではありませんので、収入状況をしっかりと整理した上で、一度ご相談ください。アルバイトだから絶対に個人再生を行うことはできない、と自分で決めつけてしまうのはNGです。

個人再生について詳しくはこちら

自己破産は職業形態は関係ない

喜ぶ女性-アルバイトしかしていないけど債務整理できる?

最後に自己破産のケースについてお話しましょう。

裁判所に申し立てをして、自己破産が認められれば、背負っている借金は全て免除となります。最終的に返済を行うわけではなく、保有している財産を清算するという形の解決方法ですので、職業形態は関係なく行うことができますので、アルバイトであっても問題ありません。もちろん、失業中であっても問題はありません。

ただし、自己破産には免責不許可事由というものがあり、例えばギャンブルや過度の浪費などが借金の原因の場合、認められないケースが多いという点は頭にいれておきましょう。とはいっても、どうしても支払いが困難で、真摯な態度で手続きに臨むことによって、免責不許可事由に該当していても、裁判官の裁量免責によって認められたというケースも少なくありません。なので、ギャンブル依存症などによって、多額の借金を背負ってしまったといった場合においても、諦めずに手続きを行うようにしましょう。

債務整理を行うことによって、どんな借金問題であっても解決する方法はあります。しかし、その種類の選び方によっては、解決までに長い時間がかかってしまったり、大きなデメリットを受けることになってしまうことになるかもしれません。なので、自分だけで判断してしまうのは厳禁です。

自己破産について詳しくはこちら

親にバレずに債務整理は可能なのか?債務整理の種類に依存!のまとめ

まとめ-アルバイトしかしていないけど債務整理できる?

アルバイトしかしていない場合でも、債務整理は可能です。

ただ、個人再生の場合厳しい可能性が高いことから、選択肢の面では少し不利になってしまうかもしれません。

しかし、他の方法を選択すれば債務整理によって、深刻な借金問題を解決することはできます。デメリットもないわけではありませんが、債務整理をすることによって、借金問題をしっかりと解決することができれば、そこから生活を立て直すことができます。

債務整理という言葉にネガティブなイメージを抱いている方もいらっしゃるかもしれませんが、自分の生活を立て直すための方法ですので前向きに検討してみましょう。

債務整理のその他のページ

「年収が1,000万円でも債務整理できる?」債務整理に年収は関係ありません。年収と債務整理の関係を見ていきましょう。

「20代前半だけど債務整理できる…?」債務整理に年齢は関係ありません。年齢と債務整理の関係を見ていきましょう。

「借金があることを実家の両親には知られたくない…債務整理しても大丈夫?」債務整理が親のバレないか心配な方はこちら。

まずはお気軽に無料相談・お問合せをご利用ください!

相談を受ける女性スタッフ-債務整理相談センター【東京店】

債務整理の無料相談はこちらから

0120-631-625

債務整理に関するご相談は、お電話またはメールフォームより可能です。完全無料ですのでご安心下さい。メールでのお問合せは24時間受付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

受付:平日9:00~21:00 土曜:10:00~16:00
定休日:日曜・祝日

債務整理相談センター[東京店]へのアクセスはこちら

クレジットカードの支払いに困った方はこちらへ

相談を受ける女性スタッフ-債務整理相談センター【東京店】

債務整理相談・任意整理診断
無料ですのでお気軽にどうぞ!

0120-631-625

債務整理のことや、借金があるけどどうしたらよいか分からない、いい解決方法を知りたいなどお気軽にご連絡下さい。

Menu

運営事務所概要

債務整理相談センター[東京店]
運営:かながわ総合法務事務所
お電話でのお問い合わせ
03-6455-3042
メールでのお問い合わせ
住所

[東京店]
東京都渋谷区神南1-15-3 

神南プラザビル504