債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の実績多数!東京駅・池袋駅近くの弁護士事務所です!

東京都中央区八重洲1-5-9 八重洲アメレックスビル6F
(東京駅八重洲北口徒歩3分・東京メトロ日本橋駅徒歩2分)

東京都豊島区南池袋2-26-4 南池袋平成ビル6F
(池袋駅西武口徒歩3分)

受付時間
平日:9:00~21:00
土日祝:9:00~18:00

※12月31日~1月3日は除く。
また、大型連休中の休業や臨時休業もございます。

取り扱い業務
債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金) など     

債務整理の無料相談はこちら

債務整理専用無料ダイヤル
0120-621-017

任意整理すると携帯やスマホは使えなくなる?

弁護士とパラリーガル

「任意整理すると携帯やスマホは使えなくなるのか?」
「任意整理後に携帯やスマホを利用する方法とは?」

任意整理するとクレジットカードやローンが利用できなくなるため、「携帯やスマホも使えなくなるのでは?」と思われる方は多いようです。

もちろん、携帯会社を任意整理の対象にした場合、携帯やスマホは使えなくなります。

しかし、任意整理では借金の対象を自由に選択できますので、携帯会社を対象から除外すれば、そのまま携帯やスマホを使い続けることが可能です。

ただし、任意整理後に新機種に変更する場合には、分割購入できなくなるため注意が必要でしょう。

今回は、任意整理すると携帯やスマホがどうなるのか説明します。

そもそも任意整理とはどんな手続なのか

最初に、任意整理という制度の概要とメリット、デメリットについて説明します。

任意整理とは

「任意整理」とは、クレジットカード会社や消費者金融、銀行といった借金をした債権者に任意の交渉に応じてもらうことで、将来的に発生する利息と遅延損害金(借金返済を滞納すると発生する罰金)をカットして、残った借金の元本を3年~5年の分割払いにしてもらうよう合意する債務整理(借金問題を法的に解決するために国が整備した制度)です。

つまり、任意整理とは、「債権者に借金の分割払いを認めてもらう債務整理」といえるでしょう。

任意整理のメリット

任意整理のメリットは、毎月の借金返済の負担が軽くなるため借金問題の解決に近づけることでしょう。

また、任意整理では債務整理の対象を自由に選択できます。

そのため、特定の借金だけを債務整理の対象から除外することが可能です。

たとえば、保証人付きの借金を任意整理すると、保証人に借金一括返済の義務が課せられるため多大な迷惑をかけることになります。

しかし、これを除外して任意整理することで、保証人に迷惑をかける心配がなくなるのです。

また、返済中の自動車ローンを任意整理すると、ディーラーなどに車を引き上げられてしまいますが、任意整理の対象から除外すれば手元に残すことができます。

さらに、債権者と直接交渉する債務整理である任意整理は、裁判所を介さないため手続が比較的簡単で、早い場合には3ヶ月程度で終了する場合もあるのです。

そして、弁護士や司法書士といった専門家に任意整理の手続を依頼すれば、家族にバレずに債務整理しやすい点も大きなメリットといえるでしょう。

任意整理のデメリット

たくさんのメリットがある任意整理ですが、デメリットもあるため注意が必要です。

任意整理すると、「信用情報」と呼ばれるクレジットカード会社や消費者金融、銀行などの貸金業者と顧客の取引履歴や債務整理の情報などが登録されたものに、事故情報として登録されます。

そのため、5年程度の期間は貸金業者から新たに借入できない、いわゆる「ブラックリストに載る」状態になってしまうのです。

なお、ブラックリストに載ると、以下のようなデメリットがあります。

  • クレジットカードの利用や新規発行ができなくなる
  • ローンが組めなくなる
  • 分割払いができなくなる(リボ払い、ボーナス払いもできない)
  • キャッシングが利用できなくなる
  • ローンや奨学金などの保証人になれなくなる

任意整理後に携帯やスマホを使い続けられるのか?

任意整理後に携帯やスマホがそのまま利用できるかどうかは、債務整理の対象にするか否かで大きく変わってきます。

携帯会社を任意整理の対象から除外した場合

前述した通り、任意整理では特定の借金を除外することが可能です。

そのため、携帯会社を除外してそれ以外の借金を任意整理すれば、携帯やスマホをそのまま使い続けることができます。

ただし、携帯やスマホの利用料金を滞納せず、そのまま支払い続けることが条件です。

また、利用料金や端末購入費用を滞納している場合でも、任意整理の対象から除外して料金さえ支払えば、携帯やスマホを使い続けることは可能です。

携帯会社を任意整理の対象にした場合

携帯会社を任意整理の対象にした場合には、携帯会社によって強制解約されてしまうため、携帯やスマホを使い続けることができなくなります。

また、携帯やスマホが使えなくなると分かっていながら、「わざわざ任意整理の対象にする必要あるの?」と思われる方もいるかもしれませんが、以下のようなケースであれば任意整理したほうが得策です。

  • 滞納した携帯やスマホの利用料金が多額で返済できる見込みがない
  • 携帯やスマホをすでに強制解約されており、今後利用する意向がない
  • 利用料金の回収代行会社などから滞納料金の一括返済を求められている

たとえば、利用料金を滞納するケースとして最近よくあるのが、スマホゲームなどへの多額の課金をスマホの利用料金とまとめて支払う方法にして、数十万円滞納している方などが挙げられます。

なお、携帯やスマホの利用料金の支払いを滞納すると、12カ月程度で利用停止になるのが普通です。

そして、その時点からさらに12カ月程度滞納すると、強制解約になります。

そのため、利用料金を滞納して一定期間経過すると、どのみち携帯やスマホは使えなくなってしまうのです。

したがって、そのような状況に陥っている方であれば、敢えて任意整理の対象にしてしまったほうがよい場合もあるのです。

任意整理後に携帯やスマホの契約や購入はできるのか?

任意整理して携帯やスマホを強制解約された方は、「このまま一生使えないのでは……」と不安になることでしょう。

しかし、任意整理後でも携帯やスマホを利用することは可能なので安心してください。

任意整理後の携帯やスマホの契約について

任意整理した後でも、料金の滞納や未払い、強制解約の履歴などがなければ、現在利用している携帯会社の携帯やスマホはそのまま使い続けることが可能です。

また、その他の携帯会社で新規に契約することもできます。

しかし、過去に携帯やスマホ料金の滞納や未払い、強制解約の履歴があった場合には、新規契約ができなくなる可能性があるでしょう。

なぜなら、ドコモやKDDISoftBankなどの携帯会社が会員になっている「TCA(電気通信事業者協会)」という団体では、携帯やスマホの未払い情報を管理されており、会員である携帯会社にも情報を共有しているからです。

携帯やスマホの料金を未払い状態のまま放置すると、事故情報としてTCAに保管されるため、5年間はすべての携帯会社と新規契約が結べなくなります。

ただし、滞納した料金を支払えば事故情報が抹消されますので、再び携帯会社と契約することが可能です。

任意整理後の携帯やスマホの新機種購入について

最近のスマホの新機種は10万円以上する高額なものもあるため、分割購入する方もたくさんいらっしゃいます。

しかし、任意整理するとブラックリストに載る影響で、スマホの新機種を分割購入することができません。

ただし、現金一括購入であれば可能です。

スマホの新機種を分割払いする際には、携帯会社は購入者の信用情報を参照して審査を行います。

信用情報は「信用情報機関」と呼ばれる、貸金業者と顧客が適正に取り引きできるよう活動する機関によって収集、管理されており、ローンやクレジットなどの審査時に利用されるのが一般的です。

また、携帯会社は、CIC(株式会社 シー・アイ・シー)という信用情報機関の会員になっているため、顧客の信用情報を参照できます。

そのため、顧客がスマホ新機種を分割購入しようとした場合には、本当にお金を支払ってくれる相手かどうか判断するために信用情報を参照して審査を行うのです。

ただし、任意整理の事故情報は5年程度の期間が経過すれば抹消されますので、その後は再びスマホ新機種を分割購入することが可能になります。

まとめ

図書館の本
  • 任意整理しても利用料金の滞納がなければ、携帯やスマホは使い続けられる
  • 携帯会社を任意整理の対象にした場合には、強制解約されるため携帯やスマホは使えなくなる
  • 携帯やスマホの利用料金を滞納したままだと、5年間は携帯会社と契約できない
  • 任意整理した後は、5年程度の期間スマホ新機種の分割購入ができなくなる

【東京・池袋】債務整理相談室( 運営:弁護士法人心)

弁護士法人心の債務整理相談

債務整理の無料相談はこちらから

0120-621-017

債務整理に関するお問合せは、お電話またはメールフォームより可能です。相談料は完全無料ですのでご安心下さい。メールでのお問合せは24時間受付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

受付:平日9:00~21:00 土日祝:9:00~18:00

【東京・池袋】債務整理相談室へのアクセスはこちら

債務整理のご相談はこちら

債務整理のご相談はこちら

ご相談は完全無料です!

0120-621-017

「破産をせずに解決する方法は?」
「債務整理の費用が気になる」
「どんな債務整理がいい?」

まずはお気軽にお問合せ下さい。

Menu

東京店について

弁護士法人心の東京店
お電話でのお問い合わせ
0120-621-017
住所

東京都中央区八重洲1-5-9 
八重洲アメレックスビル6F
(東京駅八重洲北口より徒歩3分)

池袋店について

弁護士法人心の池袋店
お電話でのお問い合わせ
0120-621-017
住所

東京都豊島区南池袋2-26-4
南池袋平成ビル6F
(池袋駅西武口より徒歩3分)