債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の実績多数!東京駅・池袋駅近くの弁護士事務所です!

東京都中央区八重洲1-5-9 八重洲アメレックスビル6F
(東京駅八重洲北口徒歩3分・東京メトロ日本橋駅徒歩2分)

東京都豊島区南池袋2-26-4 南池袋平成ビル6F
(池袋駅西武口徒歩3分)

受付時間
平日:9:00~21:00
土日祝:9:00~18:00

※12月31日~1月3日は除く。
また、大型連休中の休業や臨時休業もございます。

取り扱い業務
債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金) など     

債務整理の無料相談はこちら

債務整理専用無料ダイヤル
0120-621-017

任意整理するとクレジットカードが使えなくなるの?

弁護士とパラリーガル

「任意整理するとクレジットカードが使えなくなるの?」
「任意整理してもクレジットカードを残す方法とは?」

お金を借りたクレジットカード会社や消費者金融、銀行などの債権者に直接交渉することで、借金の分割払いなどを認めてもらう任意整理ですが、5年程度の期間はクレジットカードが使えなくなる可能性が高くなります。

そのため、普段からクレジットカードをよく利用する方にとっては、悩ましい問題といえるかもしれません。

そこで今回は、任意整理するとクレジットカードが使えなくなる理由や、クレジットカードを残す方法、クレジットカードの代用品について紹介します。

任意整理の特徴

まず、クレジットカードと任意整理の関係を理解するために、任意整理のメリットやデメリットなどについて説明しておきます。

任意整理とは

「任意整理」とは、お金を借りた債権者(クレジットカード会社や消費者金融、銀行といった貸金業者)に任意の交渉に応じてもらうことで、将来的に発生する利息と遅延損害金(借金滞納時に発生するペナルティ)をカットして、残った借金の元本を3年~5年の分割払いにしてもらえるよう合意する債務整理になります。

なお、債務整理とは、借金問題を法的に解決するために国が整備した制度で、日本国民であれば誰でも利用可能です。

したがって、任意整理とは、「債権者に借金の分割払いを認めてもらう債務整理」といえます。

任意整理のメリット

任意整理のメリットは、以下の通りです。

  • 毎月の借金返済の負担が軽くなる
  • 特定の借金だけを債務整理の対象から除外することが可能
  • 裁判所を介さないため手続が比較的簡単
  • 同居した家族にバレにくい

前述した通り、任意整理すると、

  • 将来的に発生する利息のカット
  • 遅延損害金のカット
  • 借金の原本を3年~5年の分割払いにする

というメリットがあるため、毎月の借金返済の負担が軽くなります。

次に、任意整理では、特定の債権者を除外して手続が行える点もメリットです。たとえば、

  • 保証人付きの借金
  • 返済中の自動車ローンや住宅ローン

といった借金を除外して、その他の借金を任意整理することができます。

保証人付きの借金を任意整理すると、保証人になってくれた人に借金を一括返済する義務が課せられるため、多大な迷惑をかけることになります。

いっぽう、返済中の自動車ローンや住宅ローンを任意整理の対象にすると、車や家が没収されます。

しかし、任意整理の対象から除外することができれば、こうしたデメリットを回避することができるのです。

また、債権者と直接交渉する債務整理である任意整理は、裁判所を介さないため厳格なルールや手続がなく、早ければ3ヶ月程度で手続が終了する場合もあります。

さらに、弁護士や司法書士といった専門家に任意整理の手続を依頼すれば、家族にバレずに債務整理しやすい点も、任意整理のメリットといえるでしょう。

任意整理のデメリット

任意整理すると、「信用情報(クレジットカード会社や消費者金融、銀行などの貸金業者と顧客の取引履歴や債務整理の情報などが登録されたもの)」に事故情報として登録されるため、5年程度の期間は貸金業者から新たに借入できない、いわゆる「ブラックリストに載る」状態になります。

なお、ブラックリストに載ると、以下のようなデメリットが発生するため注意が必要です。

  • クレジットカードの利用や新規発行ができなくなる
  • ローンが組めなくなる
  • 分割払いができなくなる(リボ払い、ボーナス払いもできない)
  • キャッシングが利用できなくなる
  • ローンや奨学金などの保証人になれなくなる

任意整理するとクレジットカードはどうなるのか?

任意整理の対象になったクレジットカードは、使えなくなる可能性が高いでしょう。

任意整理したクレジットカード

前述した通り、任意整理の対象になったクレジットカードは5年程度の期間使えなくなります。

したがって、クレジットカードによる買い物(一括、分割、リボ払い、ボーナス払い)の他、キャッシングなども利用できません。また、クレジットカードの新規発行をすることもできなくなるでしょう。

また、クレジットカード払いの賃貸物件やジムなどのサービスや、ETCの利用もできなくなるため注意が必要です。

ただし、任意整理から5年程度の期間が経過すれば、信用情報から事故情報が消えますので、再びクレジットカードの利用や新規発行ができるようになりますので、一生クレジットカードが使えないというわけではありません。

任意整理の対象になったカード会社について

任意整理の対象になったカード会社からは、信用情報から事故情報が消えた後も、クレジットカードの利用と新規発行ができない可能性が高いでしょう。

なぜなら、カード会社の中には「社内ブラック」情報と呼ばれる独自の顧客情報を管理しているケースがあるため、任意整理の事故情報が半永久的に残ることになるからです。

また、社内ブラックは、カード会社の関連会社にも共有されるため、そちらからの借入もできなくなります。

以下、関連企業の組み合わせの一例です。

  • 三菱東京UFJ銀行:アコム
  • 三井住友銀行:プロミス(SMBC)
  • セブン銀行:アコム
  • りそな銀行:オリックス・クレジット
  • オリックス銀行:オリックス・クレジット
  • 東京スター銀行:新生フィナンシャル
  • みずほ銀行:オリエントコーポレーション
  • 新生銀行:新生フィナンシャル
  • じぶん銀行:アコム

クレジットカードのポイントも消滅

任意整理すると、カード会社から強制的に解約されため、それまで貯めたポイントも消滅しますので注意が必要です。

もし、大量にポイントが貯まっている場合には、任意整理前に使ってしまうのが得策でしょう。

任意整理の対象にならなかったクレジットカードについて

任意整理の対象から除外したクレジットカードも、いずれかの時点で使えなくなる可能性が高いでしょう。

信用情報機関と情報共有

信用情報は信用情報と呼ばれる期間によって収集、管理されています。

「信用情報機関」とは、貸金業者と顧客が適正に取引きが行えるように活動している機関です。

JICC」、「CIC」、「KSC」の3つが、代表的な信用情報機関になっており、貸金業者はこのいずれか、または複数に加入しています。

(信用情報機関の種類と概要、会員企業例)

信用情報機関名

概要

会員企業例

JICC(日本信用情報機構)

消費者金融やサラ金、街金系のカード会社が主な会員

アコム

レイク

プロミス

CIC(株式会社 シー・アイ・シー)

クレジットカードや信販系のカード会社が主な会員

クレディセゾン

アットローン

オリックス

イオンクレジット

KSC(全国銀行個人信用情報センター)

銀行や信用金庫といった金融機関全般が主な会員

三菱UFJ銀行

三井住友銀行

みずほ銀行

なお、3つの信用情報機関は「CRIN (クリン)Credit Information Network」と呼ばれるネットワークでお互いの信用情報を共有しています。

そのため、会員になっている貸金業者は、すべての信用情報を閲覧することが可能です。

任意整理からクレジットカードを除外した場合

前述した通り、任整整理では特定の債権者を除外して手続をすることが可能です。

したがって、クレジットカードを除外して任意整理すれば、そのまま使い続けることが可能だと考える方もいらっしゃるでしょう。

確かに、任意整理してから、しばらくの間はそのままクレジットカードを使い続けることが可能です。

しかし、会員である貸金業者であれば、信用情報の事故情報を閲覧できますので、更新月などのタイミングで使えなくなる可能性が高くなります。

したがって、任意整理の対象にしてもしなくても、いずれかの時点でクレジットカードが使えなくなると考えるべきでしょう。

ただし、任意整理をする際には、弁護士や司法書士から、借金が残っているすべてのクレジットカードを対象にするように勧められるケースがほとんどです。

なぜなら、新たな借金を生みだす可能性があるクレジットカードを手元に残してしまうと、任意整理に失敗するリスクが高くなるからです。

そのため、クレジットカードを任意整理の対象から除外する処置は、あくまでもイレギュラーな措置であると考えるべきでしょう。

本当に利用できなくなるかどうかはカード会社次第

任意整理の対象にならなかったクレジットカードが本当に利用できなくなるかどうかについては、カード会社の判断による部分も大きいです。

なぜなら、顧客の信用情報はクレジットカード審査のあくまでも一要素に過ぎません。

そのため、カード会社によっては任意整理してもそのまま利用できる場合もあります。

したがって、

  • 一度も返済の遅延がない
  • 借金額が少ない(23万円程度)

といった場合であれば、そのまま使い続けられるケースもあるようです。

クレジットカードの代用品

新たな借金を生むクレジットカードを、任意整理後も持ち続けるのは確かにリスクがあると思います。

しかし、仕事などで頻繁に使う方にとっては不便だと思いますので、任意整理後でも使用できるクレジットカードの代用品を紹介します。

家族カード

「家族カード」とは、クレジットカードを契約した本人の家族に対して追加発行されるクレジットカードのことです。

ブラックリストの影響を受けるのは任意整理した本人だけなので、家族には影響ありません。

したがって、家族が持つクレジットカードが家族カードを発行できるものであれば、あなたがそれを利用することも可能です。

ただし、家族カードの請求はクレジットカードの契約者に集約されるため、利用履歴をすべて契約者本人が確認できます。

したがって、家族カードの利用状況を管理されることになるため、生活を立て直したい人にはうってつけといえます。

デビットカード

「デビットカード」とは、買い物などをする際、銀行の預金からその場で代金が引き落とされることで決済が行われるカードのことです。

デビットカードも預金範囲内であれば、クレジットカードと同じように利用できます。

デビットカードは銀行口座を開設すれば発行できるため、任意整理した方でも利用可能です。

ただし、デビットカードは分割払いができません。

そのため、買い物は一括払いのみとなり、携帯料金や公共料金などの支払いなどにも使えないため注意しましょう。

プリペイドカード

「プリペイドカード」とは、事前に現金をカードにチャージして使うカードのことです。

チャージした金額の範囲内で、クレジットカードのように利用できます。発行時の審査も特にありませんので、任意整理した方でも利用可能です。

ただし、デビットカードと同様、分割払いができないため、買い物は一括払いのみとなります。

また、携帯料金や公共料金の支払いなどにも使えません。

ETCパーソナルカード

普段から仕事で車を使う方にとって、任意整理でETCが使えなくなるのは厳しい状況といえるでしょう。

そこで、そんな方におすすめしたいのが、「ETCパーソナルカード」です。

ETCパーソナルカードとは、保証金方式のETCカードで、カード発行時に6万円の保証金を納める必要がありますが、普通のETCカードと同じように利用することができます。

ただし、保証金はETCの利用料金には充当されないため、別途料金が発生しますので注意しましょう。

まとめ

図書館の本
  • 任意整理すると5年程度の期間クレジットカードの利用と新規発行ができなくなる
  • 任意整理の対象から除外したクレジットカードも、更新月などのタイミングで使えなくなる
  • 任意整理後5年程度の期間が過ぎ、事故情報が消えれば再びクレジットカードの利用と新規発行ができるようになる
  • ただし、任意整理の対象にしたカード会社からは、永久的にクレジットカードの利用と発行ができなくなる可能性が高い
  • 任意整理後でも使えるクレジットカードの代用品としては、「家族カード」、「デビットカード」、「プリペイドカード」、「ETCパーソナルカード」が有効

【東京・池袋】債務整理相談室( 運営:弁護士法人心)

弁護士法人心の債務整理相談

債務整理の無料相談はこちらから

0120-621-017

債務整理に関するお問合せは、お電話またはメールフォームより可能です。相談料は完全無料ですのでご安心下さい。メールでのお問合せは24時間受付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

受付:平日9:00~21:00 土日祝:9:00~18:00

【東京・池袋】債務整理相談室へのアクセスはこちら

債務整理のご相談はこちら

債務整理のご相談はこちら

ご相談は完全無料です!

0120-621-017

「破産をせずに解決する方法は?」
「債務整理の費用が気になる」
「どんな債務整理がいい?」

まずはお気軽にお問合せ下さい。

Menu

東京店について

弁護士法人心の東京店
お電話でのお問い合わせ
0120-621-017
住所

東京都中央区八重洲1-5-9 
八重洲アメレックスビル6F
(東京駅八重洲北口より徒歩3分)

池袋店について

弁護士法人心の池袋店
お電話でのお問い合わせ
0120-621-017
住所

東京都豊島区南池袋2-26-4
南池袋平成ビル6F
(池袋駅西武口より徒歩3分)