google-site-verification: googlea84d1aa973fb1951.html google-site-verification=BbVqN0va-yG4GIpYAyeINOvI2A0mV9g074nQ5ccRaSo

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の実績多数!東京駅・池袋駅近くの弁護士事務所です!

東京都中央区八重洲1-5-9
八重洲加藤ビルデイング(八重洲アメレックスビル)6F

(東京駅八重洲北口徒歩3分・東京メトロ日本橋駅徒歩2分)
東京都豊島区南池袋2-26-4 南池袋平成ビル6F
(池袋駅西武口徒歩3分)

受付時間
平日:9:00~21:00
土日祝:9:00~18:00

※12月31日~1月3日は除く。
また、大型連休中の休業や臨時休業もございます。

取扱業務
債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金)      

債務整理の無料相談はこちら

債務整理専用の無料ダイヤル
0120-621-017

任意整理でどのくらい借金が減額される?

利息カットで借金の返済を減額できる任意整理。その効果を確認してみましょう。
任意整理の借金減額効果を説明する弁護士

消費者金融やクレジット会社、銀行カードローンでお金を借りる(キャッシング)には利息がかります。

また、買物をリボ払いで支払えば手数料がかかります。

利息や手数料がかかっている以上、早く支払いを行って、借金を減らさないと、利息や手数料は増えるばかり。

その間に借金をもっと増やしてしまえば、より利息や手数料の負担は大きくなってしまいます。

ひいては、支払いができなくなったり、支払いができても終わりが見えないでしょう。

この〝減らない・支払いができない・終わらない〟の問題を解決するのが任意整理です。

任意整理とは、〝将来(今後の)利息をカット、元本のみの返済〟に変えていく手続きです。

利息は、元金に対して年間15%が発生するので、例えば300万円の借金がある場合には、15%で年間45万円もの利息の支払いをしなければならないわけです。

借金の金額が大きくなればなるほど利息も大きくなるので、借金が多いほど利息をカットできる任意整理で大幅な減額が期待できるということになります。

つまり、任意整理を行うと、実際の返済総額から1年で50~100万円が減額できるなんてことも全く珍しいことではないのです。

任意整理でどのくらい借金が減額される?(メニュー)

1)任意整理とはどんな手続きかおさらいしよう?

2)任意整理で減額される借金の対象は?

3)利息にどのくらいの金額を支払っている?

4)任意整理を行った場合の事例(1)

5)任意整理を行った場合の事例(2)

6)任意整理診断を希望の方はこちら

任意整理とはどんな手続きかおさらいしよう!

診断通りの任意整理手続きを実現!
まずは気軽に利用してみましょう。

クレジットカードや銀行のカードローンなどの借金の支払いが難しくなった場合には、破産をしなくても支払いができる方法があります。

そのうちの一つが「任意整理(にんいせいり)」。

任意整理は弁護士や認定司法書士に依頼してできる借金整理の方法です。個人では返済の目途が立たなくなってしまった場合に、弁護士などの法律の専門家があなたが今後も支払いを続けていけるよう交渉を行っていくものです。

返済が遅れている人も遅れていない人も、サラリーマンでも自営業者でも主婦でもどんな人でも利用できる手続きです。

任意整理と言えば「利息のかからない支払いになる」というのが大きなメリット

あなたの支払いが今うまくいっていないとしたら、おそらくそれは利息の支払いがあるからです。
任意整理では、この利息の支払いがなくなります。

その結果、総額で支払う借金の金額も大きく減りますし、それに連動して毎月の支払額も大幅に減るというわけです。

任意整理で支払っていく毎月の支払額の目安は、基本的に「借金額を5年で割った金額」になります。

つまり、420万円の借金がある場合には420万円÷60ヶ月=7万円、300万円の借金がある場合には、300万円÷60ヶ月=5万円といったイメージです。

反対に、任意整理のデメリットは、クレジットカードなどが使えなくなること

任意整理をすることでカードの信用に傷がついてしまい、5年~7年ほどキャッシングやショッピングなどの後払いができなくなってしまいます。

「利息がなくなる」というメリットを得られる反面、「後払い禁止」というデメリットが発生するのが任意整理の特徴です。

任意整理で減額される借金の対象は?

診断通りの任意整理手続きを実現!
まずは気軽に利用してみましょう。

 

任意整理でどのくらい返済が楽になる?

クレジットカードとお金-任意整理で借金の支払いはどのくらい減額になる…?

「毎月の返済額がほとんど利息で元本が減らない」

「年々借金が増えていっているような気がする」

「給料のほとんどを返済に充てている」

「いつになったら完済できるか全く分からない」

「給料の10倍以上の借金になっている」

このような状態である場合には、黄色信号が点灯しています。

任意整理対象者である可能性は極めて高いため、任意整理で借金を減らしたほうがよいでしょう。

消費者金融やクレジットカード会社は金利を得ることで商売として成り立っています。

長い期間貸し付けていればいるほど多くの金利を得られ儲かるというしくみです。

つまり、消費者金融やクレジット会社は〝ゆっくり返してほしい〟ということです。

しかし、日本貸金業協会の自主規制によって完済までの期間は5年までと定められていますので、最長でも5年となります。

各消費者金融やクレジットカード会社は最低返済額が決まっていますが、この5年で完済できるように設定されているのです。

しかし、多くの利用者は毎月の支払額が少なくなるように設定しがちです。

そうすると、返済までの期間が長くなり、その分多くの利息を支払うという結果になるのです。

仮にあなたが、¥100,000をレイクから借り入れていたとしましょう。

この場合、初回の返済に最低返済額の¥3,000だとすると、半分の¥1,500が利息となります。元金は¥1500しか減らないということです。

ちなみに、¥3000づつ返済をしていくと47回払いで完済となり、返済合計額は¥141,000となります。¥41,000が利息分です。

任意整理ではこの発生するであろう将来利息をカットしていきますので、返済額は全て元本に回すことができ、しっかりと借金は減少していくのです。

任意整理を考える目安について詳しくはこちら

任意整理を行った場合の事例

あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやゃゆゅよらりるれろわ・を・んアイウエオカキクケコサシスセソタチツテトナニヌネノハヒフヘホマミムメモヤャユュヨララリルレロワ・ヲ・ン

借金の内訳

◆アコム:¥400,000

◆プロミス:¥350,000

◆レイク:¥300,000

◆楽天カード:¥200,000

◆エポスカード:¥150,000

-------------------------

合計:¥1,400,000

自分でこのまま5年返済していく場合

上記のように5社から借金をしていたとし、仮に最長である5年60回払いで支払いを行っていった場合の合計額が下記のようになります。

◆アコム:¥609,420(月々の返済額:¥10,157)

◆プロミス:¥533,280(月々の返済額:¥8,888)

◆レイク:¥457,080(月々の返済額:¥7,618)

◆楽天カード:¥304,740(月々の返済額:¥5,079)

◆エポスカード:¥228,540(月々の返済額:¥3,809)

------------------------------------

合計:¥2,133,060(月々の返済額:¥35,551)

任意整理を行って5年で返済する場合

¥2,133,060-¥1,400,000=¥733,060

任意整理を行うことで、この利息である¥733,060をゼロにすることが可能となります。

※借り入れ状況やこれまでの返済履歴によって利息がカットできない場合もあります。
元金を60回で返済していくとなると、月々の返済額は¥24,000ほどとなります。

任意整理の事例(2)

[借金の内訳]

◆セゾンカード:¥300,000

◆セディナ:¥250,000

◆オリックス銀行:¥400,000

◆りそなカード:¥350,000

◆アプラス:¥300,000

◆イオンカード:¥300,000

-------------------------

合計:¥1,900,000

 

上記のように6社から借金をしていたとし、36回払いで完済した際の合計額が以下のようになります。

◆セゾンカード:¥390,456(月々の返済額:¥10,846)

◆セディナ:¥325,368(月々の返済額:¥9,038)

◆オリックス銀行:¥520,596(月々の返済額:¥14,461)

◆りそなカード:¥455,509(月々の返済額:¥12,653)

◆アプラス:¥390,456(月々の返済額:¥10,846)

◆イオンカード:¥390,456(月々の返済額:¥10,846)

---------------------------------------

合計:¥2,472,840(月々の返済額:¥68,690)

これらの差額分が利息となります。

¥2,472,840-¥1,900,000=¥572,840

任意整理を行うとこの利息である¥572,840をゼロにすることが可能となります。

※借り入れ状況やこれまでの返済履歴によってカットできない場合もあります。

元金を60回で返済していくとなると、月々の返済額は¥32,000ほどとなります。

この場合は利息をカットしてなおかつ返済回数を60回に再計画していますので、完済時の総額も減額できますし、毎月の返済金額も減額できることとなります。

任意整理の無料診断はこちらから

以下のメールフォームに必要事項をご記入の上、『無料診断する』ボタンをクリックしてください。

必須

例:債務 太郎
※フルネームでご記載下さい※

必須

例:サイム タロウ
※フルネームでご記載下さい※

必須

例:sample@sample.jp
※パソコンからのメールを受信できるかよくご確認ください。

必須

※お住まいの地域をご選択ください。

※複数選択可
※ここに記載がないカード会社については「ご相談内容をご記入ください」欄に直接ご記載ください。

※複数選択可
※ここに記載がないカード会社については「ご相談内容をご記入ください」欄に直接ご記載ください)

※複数選択可
※ここに記載がない銀行については「ご相談内容をご記入ください」欄に直接ご記載ください

※住宅ローンの金額は除く。

※任意整理を希望するすべてのカードの借金の合計がどのくらいかをご選択ください。

※任意整理を行う借金に充てられる返済額をお選びください。

※ご自身の1ヶ月の収入から最大で返済に捻出できる金額です。

※可能な金額よりも低い金額を選んでしまうと任意整理ができないという診断結果になる場合がありますのでご注意ください。

  • ※月々に希望する返済金額や支払いが遅れている旨などご自由にご記載ください。

    ※任意整理を行った場合の簡易診断は、
    ◆「利用先のカード会社の名前」
    (お持ちのカードの裏面にカード会社の記載があります)
    ◆「各カードの借金の金額」
    (1社毎ご記載下さい。お買物利用分も含みます)
    ◆「各カードの利用年数」
    (ご記憶の範囲でざっくりで大丈夫です)
    の3点を頂ければ、任意整理を行った場合の試算をお知らせ可能です。

    テキストを入力してください

    ※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
    続けて2回押さないようにお願いいたします。

    債務整理のその他のページ

    任意整理の成功例の一部をご紹介

    任意整理の成功例

    実際に行った任意整理の成功例の一部をご紹介。任意整理の流れをマスターしましょう。

    個人再生で借金はどのくらい減るもの…?

    個人再生の借金減額効果

    強力な借金減額方法の個人再生。個人再生でどのくらい借金が減るかを見ていきましょう。

    債務整理によって生じるデメリットとは…?

    債務整理のデメリット

    債務整理のデメリットが心配…という方のために、考えられるデメリットをまとめてみました。

    (池袋・東京)債務整理相談室( 運営:弁護士法人心)

    弁護士法人心の債務整理相談

    債務整理の無料相談はこちらから

    0120-621-017

    債務整理に関するお問合せは、お電話またはメールフォームより可能です。相談料は完全無料ですのでご安心下さい。メールでのお問合せは24時間受付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

    受付:平日9:00~21:00 土日祝:9:00~18:00

    債務整理のご相談はこちら

    債務整理のご相談はこちら

    ご相談は完全無料です!

    0120-621-017

    「破産をせずに解決する方法は?」
    「債務整理の費用が気になる」
    「自分にはどんな債務整理が…?」

    まずはお気軽にお問合せ下さい。

    Menu

    東京店について

    弁護士法人心の東京店
    お電話でのお問い合わせ
    0120-621-017
    住所

    東京都中央区八重洲1-5-9
    八重洲加藤ビルデイング(八重洲アメレックスビル)6F
    ※東京駅八重洲北口より徒歩3分

    池袋店について

    弁護士法人心の池袋店
    お電話でのお問い合わせ
    0120-621-017
    住所

    東京都豊島区南池袋2-26-4
    南池袋平成ビル6F
    (池袋駅西武口より徒歩3分)