終わらない借金の支払いは債務整理で解決しましょう!

運営:司法書士法人かながわ総合法務事務所
   東京都渋谷区神南1-15-3 神南プラザビル504
   (渋谷駅から徒歩8分・原宿駅から徒歩12分)

お電話での債務整理の無料相談はこちら

0120-631-625
受付時間
平日:9:00~21:00
土曜:10:00~16:00
定休日
 日曜・祝日

メール相談も無料!お気軽に

任意整理の借金減額効果とは…?
~クレジットカードの借金に任意整理をするといくら支払いが減る?

債務整理を説明する司法書士-任意整理で借金の支払いはどのくらい減額になる…?

消費者金融やクレジット会社、銀行カードローンでお金を借りる(キャッシング)には利息がかります。また、買物をリボ払いで支払えば手数料がかかります。

利息や手数料がかかっている以上、早く支払いを行って、借金を減らさないと、利息や手数料は増えるばかり。その間に借金をもっと増やしてしまえば、より利息や手数料の負担は大きくなってしまいます。しいては、支払いができなくなったり、支払いができても終わりが見えないでしょう。

この〝減らない・支払いができない・終わらない〟の問題を解決するのが任意整理です。

任意整理とは、
〝将来(今後の)利息をカット、元本のみの返済〟
にしていく手続きです。

利息は、元金に対して年間15~18%が発生するので、例えば300万円の借金がある場合には、18%で年間45万円~54万円もの利息の支払いをしなければならないわけです。

借金の金額が大きくなればなるほど利息も大きくなるので、借金が多いほど利息をカットできる任意整理で大幅な減額が期待できるということになります。

つまり、任意整理を行うと、実際の返済総額から50~100万円が減額できるなんてことも全く珍しいことではないのです。

このような場合には任意整理を行って、
利息をなくした支払いに変えましょう!

クレジットカードとお金-任意整理で借金の支払いはどのくらい減額になる…?

「毎月の返済額がほとんど利息で元本が減らない」

「年々借金が増えていっているような気がする」

「給料のほとんどを返済に充てている」

「いつになったら完済できるか全く分からない」

「給料の10倍以上の借金になっている」

このような状態である場合には、黄色信号が点灯しています。任意整理対象者である可能性は極めて高いため、任意整理で借金を減らしたほうがよいでしょう。

消費者金融やクレジットカード会社は金利を得ることで商売として成り立っています。長い期間貸し付けていればいるほど多くの金利を得られ儲かるというしくみです。

つまり、消費者金融やクレジット会社は〝ゆっくり返してほしい〟ということです。

しかし、日本貸金業協会の自主規制によって完済までの期間は5年までと定められていますので、最長でも5年となります。

各消費者金融やクレジットカード会社は最低返済額が決まっていますが、この5年で完済できるように設定されているのです。

しかし、多くの利用者は毎月の支払額が少なくなるように設定しがちです。

そうすると、返済までの期間が長くなり、その分多くの利息を支払うという結果になるのです。

仮にあなたが、¥100,000をレイクから借り入れていたとしましょう。

この場合、初回の返済に最低返済額の¥3,000だとすると、半分の¥1,500が利息となります。元金は¥1500しか減らないということです。ちなみに、¥3000づつ返済をしていくと47回払いで完済となり、返済合計額は¥141,000となります。¥41,000が利息分です。

任意整理ではこの発生するであろう将来利息をカットしていきますので、返済額は全て元本に回すことができ、しっかりと借金は減少していくのです。

任意整理を考える目安について詳しくはこちら

任意整理の事例(1)

[借金の内訳]

◆アコム:¥400,000

◆プロミス:¥350,000

◆レイク:¥300,000

◆楽天カード:¥200,000

◆エポスカード:¥150,000

-------------------------

合計:¥1,400,000

上記のように5社から借金をしていたとし、仮に最長である5年60回払いで支払いを行っていった場合の合計額が下記のようになります。

◆アコム:¥609,420(月々の返済額:¥10,157)

◆プロミス:¥533,280(月々の返済額:¥8,888)

◆レイク:¥457,080(月々の返済額:¥7,618)

◆楽天カード:¥304,740(月々の返済額:¥5,079)

◆エポスカード:¥228,540(月々の返済額:¥3,809)

------------------------------------

合計:¥2,133,060(月々の返済額:¥35,551)

これらの差額分が利息となります。

¥2,133,060-¥1,400,000=¥733,060

任意整理を行うことで、この利息である¥733,060をゼロにすることが可能となります。

※借り入れ状況やこれまでの返済履歴によってカットできない場合もあります。
元金を60回で返済していくとなると、月々の返済額は¥24,000ほどとなります。

任意整理の事例(2)

[借金の内訳]

◆セゾンカード:¥300,000

◆セディナ:¥250,000

◆オリックス銀行:¥400,000

◆りそなカード:¥350,000

◆アプラス:¥300,000

◆イオンカード:¥300,000

-------------------------

合計:¥1,900,000

 

上記のように6社から借金をしていたとし、36回払いで完済した際の合計額が以下のようになります。

◆セゾンカード:¥390,456(月々の返済額:¥10,846)

◆セディナ:¥325,368(月々の返済額:¥9,038)

◆オリックス銀行:¥520,596(月々の返済額:¥14,461)

◆りそなカード:¥455,509(月々の返済額:¥12,653)

◆アプラス:¥390,456(月々の返済額:¥10,846)

◆イオンカード:¥390,456(月々の返済額:¥10,846)

---------------------------------------

合計:¥2,472,840(月々の返済額:¥68,690)

これらの差額分が利息となります。

¥2,472,840-¥1,900,000=¥572,840

任意整理を行うとこの利息である¥572,840をゼロにすることが可能となります。

※借り入れ状況やこれまでの返済履歴によってカットできない場合もあります。

元金を60回で返済していくとなると、月々の返済額は¥32,000ほどとなります。

この場合は利息をカットしてなおかつ返済回数を60回に再計画していますので、完済時の総額も減額できますし、毎月の返済金額も減額できることとなります。

個人再生で借金の支払いはどれくらい減る?のまとめ

まとめ-任意整理で借金の支払いはどのくらい減額になる…?

個人再生によって借金がどれくらい減るかは、それぞれの借金総額と所有している財産に依存してきます。

最低弁済額と清算価値の2つのうちで大きい額が選択されることになり、その額を原則3年かけて返済をしていきます。清算価値が殆どない場合であれば最大、10~20%まで減額が可能となりますので、大幅な減額が期待できる手続きといえるでしょう。

当センターでは借金がどのくらい減るのかの計算を無料で行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

債務整理のその他のページ

実際に行った任意整理の成功例の一部をご紹介。任意整理の流れをマスターしましょう。

強力な借金減額方法の個人再生。個人再生でどのくらい借金が減るかを見ていきましょう。

債務整理のデメリットが心配…という方のために、考えられるデメリットをまとめてみました。

まずはお気軽に無料相談・お問合せをご利用ください!

相談を受ける女性スタッフ-債務整理相談センター【東京店】

債務整理の無料相談はこちらから

0120-631-625

債務整理に関するご相談は、お電話またはメールフォームより可能です。完全無料ですのでご安心下さい。メールでのお問合せは24時間受付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

受付:平日9:00~21:00 土曜:10:00~16:00
定休日:日曜・祝日

債務整理相談センター[東京店]へのアクセスはこちら

クレジットカードの支払いに困った方はこちらへ

相談を受ける女性スタッフ-債務整理相談センター【東京店】

債務整理相談・任意整理診断
は無料で行っております。

0120-631-625

債務整理のことや、借金があるけどどうしたらよいか分からない、いい解決方法を知りたいなどお気軽にご連絡下さい。

Menu

運営事務所概要

債務整理相談センター[東京店]
運営:かながわ総合法務事務所
お電話でのお問い合わせ
03-6455-3042
メールでのお問い合わせ
住所

[東京店]
東京都渋谷区神南1-15-3 

神南プラザビル504