債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の実績多数!

東京都中央区八重洲1-5-9 八重洲アメレックスビル6F
(東京駅八重洲北口徒歩3分・東京メトロ日本橋駅徒歩2分)

東京都豊島区南池袋2-26-4 南池袋平成ビル6F
(池袋駅西武口徒歩3分)

お電話での債務整理の無料相談はこちら

0120-124-545
受付時間
平日:9:00~22:00
土日祝:9:00~18:00
定休日
 なし(年末年始・大型連休除く)

メール相談も無料!お気軽に

未払いで裁判所から訴状が届いた…その対処方法とは?
滞納してクレジット会社に訴えられても債務整理はできる!

債務整理を説明する司法書士-裁判所から訴状が届いてしまったら?

消費者金融やクレジットカードの支払いを滞納すると、電話での催促や督促のハガキが届いたりするようになります。携帯のショートメールで返済の請求がされるケースもあるようです。

しかし、それらを無視して支払いをしないでいると、裁判所に訴えられ、『訴状』や『支払督促』といった手紙が届くようになります。つまり、裁判所から手紙が届いてしまったということは訴えられてしまったというわけです。

「裁判所に自分で行かなければいけないの…?」

「給与や財産が差し押さえられてしまうの…?」

というような不安にかられるでしょうが、適切な対応をとれば何も恐れることはありません。本ページでは、裁判所に訴えられた場合の対応を解説していきます。

こういった場合に、カード会社に連絡をしていれば問題はないのですが、カード会社に連絡を行わずに、かつ2、3か月の期間支払いをしないと裁判所に訴えられてしまうことがあります。どのくらい滞納すると訴えられるかはカード会社によって差があり、早いところでは2か月ほどで訴えてくるケースがあります。滞納しても訴えてこないところもありますが、滞納から4年後など忘れたころに訴えられるケースもありますので、注意したほうが良いでしょう。

裁判所から訴えらえたあなたがとるべき対応

訴状が送られてきたら答弁書を提出すること

封筒-裁判所から訴状が届いてしまったら?

まずはじめに、封筒を開けてすぐに中身を確認しましょう。

〝どこから〟〝いくら〟請求されているか記載されています。

訴状とは、誰かがあなたに対して民事訴訟を提起したものです。一言で言えば、あなたは訴えられてしまったわけです。借金を滞納していると、最初は消費者金融やクレジット会社(以下、債権者)も待ってくれますが、債権者へ支払いの目処を伝えなかったり、電話に出なかったりすると、裁判所に訴えを起こして強制的に請求をしてきます。裁判所に訴えが起こされると、被告であるあなたの自宅に裁判所から訴状の写し、答弁書、口頭弁論期日呼出状などが送られてきます。カードの借り入れを家族に内緒にしている場合には、この郵便物が届くことで家族に借金があることはもちろん滞納していることまでバレてしまうので注意が必要です。答弁書には、記載欄があります。そこには、訴えられた人(被告)が今回訴えられてしまった件について回答する欄があります。これを決められた期日までに回答する必要があり、回答がなかった場合には、債権者の言い値で裁判が終わってしまいます。

指定された期日に裁判所へ出廷すること

裁判所-裁判所から訴状が届いてしまったら?

答弁書を提出したら、裁判所に指定された日に裁判所へ出廷をします。ここで今後の支払いについて、具体的な話し合いを行っていくわけです。

「契約内容の確認(カードを使用した事実)」

「借金状況の確認(カードの借金がどのくらいあるか)」

裁判が始まると、まずは上記の2点について確認をとります。債権者と訴えられた人、それぞれの主張に間違いがないかの確認を裁判所がとるということです。事実に間違いがなければ、今後の支払いをどのように行っていくかについての話し合いに移ります。「いつから返済ができるか」「毎月いくら返済できるのか」「いつまでに完済するのか」を明確にし、両者で納得できる内容となれば和解が成立ということになり和解調書を作成します。

なお、和解ができなかった場合(カード会社と訴えられた人の返済プランが合わない場合)には、裁判所が判決というものを出します。判決が出されると、給料の差押えや銀行口座の差押えなどで強制的に返済金を回収することが認められてしまいますので、注意しましょう。

また、無断で裁判所に出廷しなかった場合には、問答無用で判決が出されてしまいますので、期日までに必ず出廷をするか、出廷できない場合には必ず裁判所と出廷日の調整を行いましょう。

裁判になったら債務整理の専門家に任せた方がいい

司法書士-裁判所から訴状が届いてしまったら?

答弁書の提出…裁判所への出廷など、訴えられてしまった場合には、所定の手続きを踏まなければならず、法律とは縁遠い方には、とても難しいものに見えてしまうでしょう。

これらの裁判所の対応は、司法書士や弁護士などに債務整理の依頼を行えば全て代理してもらえます。また、裁判をされていてもいなくても、未払いの借金があれば、それをどのように支払っていくかを解決していかなければなりません。これらの代理も司法書士や弁護士が一緒に行ってくれます。つまり、あなたが支払いができるような返済の調整を行ってくれるというわけです。自分で交渉をしても、支払時期を強要されたり、利息のカットを受け入れてもらえなかったりしますが、第3者である司法書士や弁護士が交渉をすることで、あなたの支払いも最小限に抑えてくれるわけです。また、借金滞納をしてしまい信頼関係が無くなってしまった以上、債権者が聞く耳を持ってくれないケースもあります。

債務整理について詳しくはこちら

無料相談はこちら

裁判所から訴状が届いてしまったら?まとめ

まとめ-裁判所から訴状が届いてしまったら?

支払督促や訴状が郵送されてきても慌てる必要はございません。

一番ダメなことは、何もせず無視することです。

しっかりと中身を確認し、難しいと感じましたら当センターにご相談ください。

借金に関するお悩みは何でもご相談頂ければ、最適なご提案をさせて頂きます。

債務整理のその他のページ

「債務整理で支払いが減っても、生活への影響やリスクが大きかったら?」そんな不安を抱えている方はこちらをご覧下さい。

債務整理は年間10万人以上が行っています。会社にばれるなら多くの人はできないはず。債務整理と勤務先の関係を確認しましょう。

〝家族に秘密で債務整理〟債務整理相談者の多くがこの希望です。家族へ秘密でできるか影響はないのかを解説していきます。

1人で悩まずにお気軽に無料相談をご利用ください!

相談を受ける女性スタッフ-債務整理相談センター【東京店】

債務整理の無料相談はこちらから

0120-124-545

債務整理に関するご相談は、お電話またはメールフォームより可能です。完全無料ですのでご安心下さい。メールでのお問合せは24時間受付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

受付:平日9:00~22:00 土日祝:9:00~18:00

→弁護士法人心(東京・池袋)へのアクセスはこちら

債務整理相談はこちら

相談を受ける女性スタッフ-債務整理相談センター【東京店】

ご相談は完全無料です!

0120-124-545

「任意整理診断を希望」
「費用が気になる」
「どんな債務整理がいい?」
まずはお気軽にご相談下さい。

Menu

東京店について

お電話でのお問い合わせ
0120-124-545
住所

東京都中央区八重洲1-5-9 
八重洲アメレックスビル6F
(東京駅八重洲北口より徒歩3分)

池袋店について

お電話でのお問い合わせ
0120-124-545
住所

東京都豊島区南池袋2-26-4
南池袋平成ビル6F
(池袋駅西武口より徒歩3分)