終わらない借金の支払いは債務整理で解決しましょう!

運営:司法書士法人かながわ総合法務事務所
   東京都渋谷区神南1-15-3 神南プラザビル504
   (渋谷駅から徒歩8分・原宿駅から徒歩12分)

お電話での債務整理の無料相談はこちら

0120-124-545
受付時間
平日:9:00~21:00
土曜:10:00~16:00
定休日
 日曜・祝日

メール相談も無料!お気軽に

「債務整理でブラックリストに載る」の意味とは…?
-信用情報機関に金融事故登録されることがブラックリスト

債務整理を説明する司法書士-債務整理すると載るブラックリストとは?ブラックリストそのものは存在しない

カードの支払いなどの借金で方の中には「ブラックリスト」という言葉が気になっているという方も多いかもしれません。

一般的にいわれているブラックリストに載ってしまうと、新たに借金をすることはできなくなってしまいますし、クレジットカードなどの利用もできなくなります。

そこで、自分がブラックリストに載っているかどうかが気になっているという方も多いでしょう。

債務整理をすることによって、そのブラックリストに載ることになりますが、これは具体的にどういったものなのでしょうか?

今回はそんなブラックリストについて詳しく解説していきます。

ブラックリストとは?

考える男性-債務整理すると載るブラックリストとは?ブラックリストそのものは存在しない

ブラックリストというと、金融機関で共有されているリスト…そんなイメージを抱いている方が多いかもしれません。

しかし、実際にはこういったリストが作られているわけではありません。個人信用情報機関というものがあり、ここに金融事故や債務整理を行った事実が記載されることが、一般的に「ブラックリスト」と呼ばれているのです。

では、このブラックリストに載るとどうなってしまうのでしょうか?

冒頭でもお話した通り、基本的に新規で借金をすることができなくなってしまいます。また、クレジットカードの利用もできません。よくショッピングでの利用は、借金じゃないと考えている方もいらっしゃいますが、クレジットカードの利用自体が借金なのです。

また、場合によっては賃貸契約において問題が起こることも。クレジットカード会社を通じて家賃の支払いを行う場合、当然その会社のクレジットカードを利用することが入居の条件となります。ブラックリストに載っていると、クレジットカードは作ることができませんので、賃貸契約ができないというケースがあるのです。

全ての金融機関で個人信用情報閲覧を閲覧することができるため、クレジットカードの発行やローンを組む等のの審査が必要なものは、基本的に使えなくなってしまうのです。ただ、審査をする必要のない銀行口座の開設や、デビットカードなどであれば発行をすることは可能。プリペイドカードや電子マネーなどの利用に制限がかかることもありません。

また、この個人信用情報は、金融機関か本人からの開示請求がなければ閲覧されることはないので、外部に漏れることはまずありません。そのため、ブラックリストに載ったからといって、職場や家族などに知られることはないと考えていいでしょう。

ブラックリストに載っても、借金に制限がかかるだけで、日常生活にはほとんど影響はありません。よくブラックリストに載ると、結婚などにおいても不利になってしまう…なんていわれることもありますが、基本的にはそんなことは一切ないです。そもそも、金融機関と本人以外はその情報を知ることすらできないので、影響が起こるわけがないのです。この点は誤解しないようにしてください。

信用情報機関の種類と登録される内容

では、具体的に信用情報機関とはどういったもので、どんな内容が登録されることになるのかについて解説します。

まず、信用情報機関は、ひとつではありません。なので、それぞれの特徴を確認してみましょう。

JICC-債務整理すると載るブラックリストとは?ブラックリストそのものは存在しない

JICC

日本国内でもっとも長い歴史を持つのがJICCで、ほとんどの消費者金融やクレジットカード会社がその会員となっています。

また、平成18年に改正された貸金業法によって定められた指定信用情報機関でもあります。

ブラック情報の登録期間は、延滞・債務整理ともに5年となっており、多重申し込み(短期間にいくつもクレジットカードを申し込むこと)についても6ヶ月間は登録されます。

CIC-債務整理すると載るブラックリストとは?ブラックリストそのものは存在しない

CIC

CICは、クレジットカード会社系の登録者が多い個人信用情報機関となっています。

現在、6億件以上の個人信用情報を管理しています。

CICのブラック情報の登録期間も、JICCと同様に延滞・債務整理については5年、多重申し込みは6ヶ月です。

JBA-債務整理すると載るブラックリストとは?ブラックリストそのものは存在しない

JBA(全国銀行協会)

JBAは、銀行や銀行系のカード会社、消費者金融が主な会員となっている個人信用情報機関です。

JBAのブラック情報登録期間は、延滞情報と任意整理については5年。官報に掲載されることになる個人再生と自己破産については10年となっています。

このように、現在日本には3つの大きな個人信用情報機関が存在します。もちろん、金融機関によって、どこか1つだけに加盟していることもあれば、複数の期間に加盟しているというケースもあります。そうなれば、どこか1つにブラック情報が登録されても、他の機関を利用している業者であれば問題ないのでは?と思われがちです。しかし、この3つの期間はブラック情報のみ相互に利用できるよう共有されています。そのため、どこかひとつでもブラック情報が記載されてしまうと、すべての金融機関で確認できてしまうのです。

この信用情報に登録されるのは、ブラック情報だけではありません。毎月の返済状況やわずかな延滞情報なども登録されます。つまり、ブラック状態ではなくても、借金をしたりクレジットカードの契約をした時点で、個人信用情報機関には登録されることに。

また、上記の通り、申し込みについても記録されますので、同時に複数の借金やクレジットカードの申し込みをしたり、短期間で契約を繰り返している場合、いわゆる「申し込みブラック」という状態になり、審査で不利になってしまうことがあります。

自分の信用情報は開示請求できる

スマホを見る女性-債務整理すると載るブラックリストとは?ブラックリストそのものは存在しない

自分の信用情報の状況が気になるという方も多いのではないでしょうか。では、それを確認するにはどうすればいいのでしょう? 

上記の3つの個人信用情報機関は、本人が開示請求を行えば誰でも確認することができるようになっています。すべてに共通している方法は、郵送での開示請求で、信用情報が自宅に送られてくることになります。また、JICCとCICの場合、開示窓口に直接足を運ぶことによって情報を確認することも可能。CICのみですが、ネットでの信用情報の開示請求を受け付けていますので、もっとも手軽に自分の情報を確認することができるでしょう。

開示請求の手数料は、500~1000円。直接窓口にいって請求する場合は500円で、郵送の場合は1000円となります。

この開示請求は、基本的に本人しか行うことはできません。たとえ夫婦や親子であっても、本人からの委任状を用意するか、法定代理人である必要があります。

債務整理しなくてもブラックリストには載る

悩む男性-債務整理すると載るブラックリストとは?ブラックリストそのものは存在しない

冒頭でも解説した通り、債務整理を行うとブラック情報として個人信用情報に登録されます。そのため、債務整理に踏み出すことができないという方もいらっしゃるようです。

しかし、債務整理をしなくても返済が出来なくなってしまえば、結局はブラックリストに載ることになってしまうのです。例えば、CICにおいては返済日より61日以上、または3ヶ月以上の支払い遅延があったり、返済が行われずに保証契約における保証履行が行われた場合にも、ブラックリストに載ってしまうことになっています。また、1ヶ月の遅延であっても、これを何度も繰り返しているうちにブラックリストに載ってしまうケースも。

このように、支払いが困難になっている場合、債務整理をする前の段階ですでにブラックリストに載っていることが多いです。どちらにせよブラックリストに載ってしまうのであれば、早い段階で債務整理を行って借金問題を解決し、ブラックリストから消える時期を早めた方が得策でしょう。

債務整理すると載るブラックリストとは?ブラックリストそのものは存在しないのまとめ

まとめ-債務整理すると載るブラックリストとは?ブラックリストそのものは存在しない

多くの方が気になっているブラックリストについて詳しく解説しました。

ブラックリストに載ったことで通知などが届くわけではないので、いつの間にかブラックリストに載っている…なんてケースもあるようです。気になる方は、個人信用情報機関に開示請求を行って一度確認してみましょう。

もちろん、ブラックリストに載らないようにすることがベストですが、逆転の発想で、ブラックリストに載ってしまうことで、借金のない生活を送られるようなると考えてみてはいかがでしょうか?

正しい知識を持って、必要があれば債務整理に踏み出すことを検討しましょう。

債務整理のその他のページ

債務整理もメリットばかりではなくデメリットもあります。デメリットもよく確認しましょう。

「債務整理を行って今後の生活に支障は?リスクはない…?」と気になる方はこちらをご覧下さい。

「自分の持っているカードは債務整理できるの?」と気になる方はこちらのページをご覧下さい。

1人で悩まずにお気軽に無料相談をご利用ください!

相談を受ける女性スタッフ-債務整理相談センター【東京店】

債務整理の無料相談はこちらから

0120-124-545

債務整理に関するご相談は、お電話またはメールフォームより可能です。完全無料ですのでご安心下さい。メールでのお問合せは24時間受付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

受付:平日9:00~21:00 土曜:10:00~16:00
定休日:日曜・祝日

債務整理相談センター[東京店]へのアクセスはこちら

債務整理相談はこちら

相談を受ける女性スタッフ-債務整理相談センター【東京店】

ご相談は完全無料です!

0120-124-545

「任意整理診断を希望」
「費用が気になる」
「どんな債務整理がいい?」
まずはお気軽にご相談下さい。

Menu

運営事務所概要

債務整理相談センター[東京店]
運営:かながわ総合法務事務所
お電話でのお問い合わせ
0120-124-545
メールでのお問い合わせ
住所

[東京店]
東京都渋谷区神南1-15-3 

神南プラザビル504