債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の実績多数!東京駅・池袋駅近くの弁護士事務所です!

東京都中央区八重洲1-5-9 八重洲アメレックスビル6F
(東京駅八重洲北口徒歩3分・東京メトロ日本橋駅徒歩2分)

東京都豊島区南池袋2-26-4 南池袋平成ビル6F
(池袋駅西武口徒歩3分)

受付時間
平日:9:00~21:00
土日祝:9:00~18:00

※12月31日~1月3日は除く。
また、大型連休中の休業や臨時休業もございます。

取扱業務
債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金)      

債務整理の無料相談はこちら

債務整理専用の無料ダイヤル
0120-621-017

400万円の借金は債務整理で減額するのがベター

債務整理を説明する司法書士-500万円の借金返済が苦しければ債務整理で解決しよう

400万円の借金を債務整理すると返済額はいくらになる?」
「400万円の借金におすすめの債務整理とは?」

借金額が400万円にもなると、一般的な年収の人(400450万円程度)が返済していくのはかなり困難な状況といえます。

そのため、何とかして返済の負担を減らすか、借金自体を減らす方法を考えるべきでしょう。

そこでおすすめしたいのが、借金問題を法的に解決する手続き「債務整理」です。

債務整理には、将来的に発生する利息をカットし毎月の返済負担を減らす「任意整理」や、借金を大幅に減額してその残りを原則3年間で返済していく「個人再生」。

そして、債務整理の最終手段といえる「自己破産」などがあります。

どの手続きを選択するかは、借金額以外にも、あなたの年収や財産、生活状況などから総合的に判断する必要があるのです。

そこで今回は、400万円の借金を、それぞれの手続きで債務整理するとどうなるのか詳しく解説したいと思います。

400万円の借金をそのまま返済するとどうなる?

消費者金融などから借りた400万円の借金は利息もかなり高くなるため、そのまま返済していくのはかなり厳しいと思われます。

ちなみに、3年で返済しようとすると、

  • 毎月の返済額:144,610
  • 利息:1,205,945 

(年利18%の場合)

という試算結果になります。

毎月の返済額が14万円以上になるため、生活に大きな影響を与えることになるでしょう。

また、5年返済の場合でも、

  • 毎月の返済額:101,574
  • 利息:2,094,423

と、毎月の返済が10万円以上、利息はなんと200万円以上になります。

したがって、普通に返済していくのは、かなり厳しい状況といえるのです。

債務整理とはどのような手続きなのか

400万円の借金をそのまま返済するのが、いかに無謀なことか分かってもらえたと思います。

したがって、債務整理で負担を減らす方法を検討するべきなのです。

債務整理とは

債務整理とは、借金問題を法的に解決する手続きで、「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」などが一般的です。

ただし、それぞれの手続きごとに、メリットやデメリットが異なるため、あなたの収入状況や保有財産、生活状況などを考慮し総合的に判断することで、どの手続きにするか決める必要があります。

債務整理の共通リスク「ブラックリスト」とは

債務整理すると、信用情報(カード会社【クレジットカード会社・消費者金融・銀行】と顧客の取引履歴や債務整理の事実が記録されたもの)に事故情報として登録されます。

これがいわゆる「ブラックリストに載る」という状態で、以下の期間中はカード会社から新たな借入ができなくなります。

任意整理、個人再生、自己破産を行うと、すべての手続きで例外なくブラックリストに載ることになりますが、掲載期間については手続きごとに異なります。

  • 任意整理:5年間程度
  • 個人再生:5年~10年程度
  • 自己破産:5年~10年程度

なお、ブラックリストに載った場合のデメリットは以下の通りです。

  • クレジットカードの利用や新規発行ができなくなる
  • 分割払い・リボ払いができなくなる
  • ローンが組めなくなる
  • キャッシングできなくなる
  • 奨学金やローンの保証人になれなくなる

400万円の借金を任意整理

400万円の借金を任意整理した場合について説明します。

任意整理とは

任意整理とは、カード会社に任意の交渉に応じてもらうことで、将来的に発生する利息のカットや分割払いの回数を調整してもらえるよう合意する債務整理です。

任意整理のメリット・デメリット

任意整理することによる最大のメリットは、利息カットによって借金返済の負担が減ることです。

また、債務整理する借金の対象を自由に選べる点や、裁判所を介さないため手続きのハードルが低く、素早く手続きできるというメリットも挙げられます。

いっぽう、任意整理すると利息はカットされますが、借金の元金自体は減額してもらえない

というデメリットもあります。さらに、任意整理はあくまでもカード会社が“任意”の交渉に応じてくれることが大前提になっているため、交渉に応じてくれない場合には手続きができません。

そして、任意整理すると、5年程度の期間はブラックリストに載ってしまいます。

任意整理すると借金は減るのか?

400万円の借金を任意整理して3年間(36)で完済したい場合には、

  • 毎月の返済額:約111,111
  • 返済総額 :400万円
  • 利息:¥0

という試算結果になります。さらに、カード会社と5年返済で和解できれば、

  • 毎月の返済額:約66,667

となり、さらに負担を軽減することも可能です。

したがって、5年返済であれば任意整理でもOKという人は多いと思いますが、3年返済の場合には、かなり年収が高い人でないと厳しいといえるでしょう。

※多くのカード会社で5年分割を受け入れてくれます。

任意整理の費用相場

任意整理の手続きにかかる弁護士や司法書士の費用相場は、次の通りです。

  • 着手金:カード会社1社ごとに24万円程度
  • 報酬金:利息の10%。【例:利息が100万円なら、10万円が報酬金】

ただし、手続きの対象となるカード会社の数や借金額によっても金額は変動します。

400万円の借金を任意整理したほうがよい人

400万円の借金は、任意整理しても毎月の返済額が10万円以上と、かなりハードです。

したがって、毎月10万円以上の返済をしても生活が苦しくならない経済力がある人であれば、任意整理してもよいでしょう。

いっぽう、任意整理では整理する借金の対象を自由に選べるため、

  • 保証人付きの借金
  • 自動車ローンの残った車

といった、任意整理の対象から外したい借金がある人には、任意整理がおすすめです。

 

また、任意整理は、多くのカード会社で5年間(60回)での返済となりますが、カード会社によっては、84回払いでも受け付けてくれるところがあります。

当相談室では、あなたが任意整理すると、月々の返済額は実際にいくらになるのかを無料で診断しておりますので、お電話やメールフォームにてお気軽にお問い合わせください。

400万円の借金を個人再生

次に、400万円の借金を個人再生すると、どうなるのか説明します。

個人再生とは

個人再生とは、裁判所に申し立てすることで借金を1/51/10程度まで減額してもらえ、減額された原則3年間で返済できれば、完済扱いにしてもらえる債務整理です。

なお、個人再生には、「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」という2つの手続きがあります。

小規模個人再生とは個人再生するほとんどの人が行う手続きで、最低弁済額か清算価値のどちらか多い方を支払う必要があります。

いっぽう、給与所得者等再生とは元々サラリーマンや公務員向けに整備された手続きでしたが、申立てのハードルの高さや給与所得者等再生に比べ借金減額率が低いため、利用頻度はそれほどありません。

給与所得者等再生では、最低弁済額、清算価値、2年分の可処分所得額のうち最も多いものを支払うことが必要です。

個人再生のメリット・デメリット

個人再生のメリットは、何といっても借金の元金自体が大幅に減額されることです。

さらに、個人再生には「住宅ローン特則」と呼ばれる、住宅ローンが残った自宅を手元に残しながら借金を減額してもらえる制度もあります。

いっぽう、個人再生のデメリットとしては、5年~10年程度の期間中ブラックリストに載る以外にも、すべての借金が整理対象になるという点が挙げられます。

個人再生には、「債権者平等の法則」と呼ばれるルールがあるため、すべてのカード会社を平等に扱う必要があり、特定の借金だけを個人再生の整理対象から除外することは禁じられているのです。

よって、任意整理のように、特定の借金のみを除外して債務整理することはできません。

また、個人再生は裁判所を介する手続きであるため、「官報」と呼ばれる政府が発行する新聞のようなものに、あなたの住所、氏名、個人再生した事実などが掲載されるというデメリットもあります。

ただし、官報は一般人が目にする機会がほとんどないため、知人などにあなたが個人再生したことがバレる可能性は低いでしょう。

最低弁済額とは

小規模個人再生では、手続き後に支払うべき最低限の返済金額が、借金額に応じて決められており、「最低弁済額」と呼ばれています。

  • 100万円~499万円⇒100万円
  • 500万円~1,499万円借金額の1/5
  • 1,500万円~2,999万円⇒400 万円
  • 400 0万円~4,999万円借金額の1/10

(上記は住宅ローンを除いた金額)

最低弁済額は、上記のように借金額に応じて決まっているため、400万円の借金であれば100万円まで減額されるのです。

ただし、最低弁済額は個人再生における最大の借金減額率となってるため、これから説明する「清算価値」や「可処分所得額」によっては減額率が減る可能性もあるでしょう。

清算価値が多い場合は要注意

個人再生には、「清算価値保証の原則」と呼ばれる、借金を減額してもらえる代わりに、あなたが保有する清算価値(財産)以上の金額は返済しなくてはならないというルールがあります。

そのため、あなたが多くの財産を持っておりその総額が最低弁済額を超えた場合には、その金額まで最低弁済額が引き上げられるのです。

このとき引き上げられた最低弁済額を、「計画弁済額」と呼びます。

よって、あなたの清算価値が150万円あった場合に、400万円の借金を小規模個人再生すると、

  • 最低弁済額:100 万円
  • 清算価値:150万円

となるため、計画弁済額が150万円まで引き上げられて、計画弁済額は150万円になるわけです。

可処分所得額が多い場合も要注意

前述したように、給与所得者等再生を行った場合には、

  • 最低弁済額
  • 清算価値
  • 2年分の可処分所得額(毎月の給料から税金や家賃、保険代、光熱費、食費、生活費などを抜いた金額)

の中で最も多いものを支払う必要があります。

たとえば、月収28万円の人が、「税金:3万円、家賃:8万円、光熱費:3万円、食費:4万円、雑費:3万円」だった場合、可処分所得額は、

28万円–(3万円+8万円+3万円+4万円+3万円)7万円

7万円になります。よって、2年分の可処分所得額は「7万円×24ヶ月」ということで168万円になるわけです

したがって、以下のような人が給与所得者等再生をした場合には、

  • 借金:400万円
  • 清算価値:150万円
  • 2年分の可処分所得額:168万円

となり、計画弁済額が168万円になるのです。

このように、可処分所得額が多い人が給与所得者等再生した場合には、計画弁済額が多くなる可能性があるのです。

個人再生にかかる費用相場

個人再生の手続きにかかる弁護士や司法書士への依頼費用は、3050万円程度が相場となっています。

ただし、裁判所によっては「個人再生委員」と呼ばれる、裁判所が選ぶあなたの手続きを監督、サポートするスタッフの費用が20万円程度発生する可能性があるため、注意が必要です。

したがって、個人再生にかかる費用は50万円程度が相場となっています。

400万円の借金を個人再生したほうがよい人

400 万円の借金を個人再生すると、毎月の返済額は最大で28,000円程度まで減額してもらえる可能性があります。

よって、任意整理では返済が厳しい人や、自己破産を回避したい人には個人再生がおすすめです。

また、住宅ローンと借金のダブル返済は厳しいが、自宅は手元に残したい人や、自己破産で免責してもらえなかった人にも個人再生は向いているといえるでしょう。

400万円の借金を自己破産

最後に、400万円の借金を自己破産した場合について説明します。

自己破産すると借金がゼロに?!

自己破産とは裁判所に申し立てることで、免責(ゼロにすること)が認められれば借金が帳消しになるという債務整理です。

ただし、裁判所に借金の支払いが不可能と判断されるハードルが高いことと、ブラックリストに載る以外にも下記のような多くのデメリットが発生します。

  • ほぼ全ての財産が没収される.
  • 職業・資格が制限される期間がある
  • 「免責不許可事由」という免責の対象にならない借金の条件がある
  • 官報に載る

自己破産にかかる費用相場

自己破産にかかる弁護士や司法書士への費用相場は3040万円ですが、これに加え3万円程度の裁判所費用や、11万円の出頭費用などがかかる場合があります。

400万円の借金を自己破産したほうがよい人

400万円の借金でも自己破産したほうがよい人とは、

  • 任意整理では借金が返済不能
  • 個人再生しても借金返済不能
  • 個人再生が裁判所に認められない

という人になります。つまり、「借金の支払い能力がない人」ということです。

債務整理は弁護士・司法書士に依頼するべき

今回は、400 万円という借金の債務整理について解説しました。

債務整理は、やとろうと思えばあなた自身が手続きを行うことも可能です。

しかし、手続きが煩雑なことや、裁判所やカード会社との交渉をすべてひとりで行うのは現実的ではありません。

また、あなたに最適な債務整理を決める際には、さまざまな条件を踏まえて判断する必要があります。

よって、素人が手続きをすると債務整理に失敗するリスクがかなり高くなるのです。

したがって、債務整理の手続きは弁護士や司法書士に依頼するのが得策といえます。

無料相談を実施している事務所も多いので、まずは相談からはじめてみましょう。

まとめ

まとめ-500万円の借金返済が苦しければ債務整理で解決しよう
  • 400 万円の借金を3年間で返済しようとした場合には、毎月144,610円の返済が必要。また、利息は1,205,945円発生する
  • 400 万円の借金を任意整理した場合、約66,667円の返済が必要 
  • 400 万円の借金を個人再生すると、最大で100万円まで減額されるため、毎月約¥27,77836(3年間)で返済できれば借金を完済扱いにしてもらえる
  • 400 万円の借金を自己破産できれば借金はゼロになるが、リスクも高い

債務整理のその他のページ

任意整理で借金の支払いはどれぐらい減る?

任意整理の借金減額効果

500万円の借金に任意整理を行った場合、利息の支払いをカットすることで年間に50万円~80万円ほどの借金減額効果があります。

個人再生で借金の支払いはどれぐらい減る?

個人再生

500万円の借金が100万円にすることができるのが個人再生。個人再生は住宅ローン利用者にとっても有効な債務整理です。

自己破産を考える目安とは…?

裁判所に自己破産の申立て

500万円の借金の支払いが到底できない場合、自己破産を考えることも一つの選択肢です。自己破産の目安を解説します。

【東京・池袋】債務整理相談室( 運営:弁護士法人心)

弁護士法人心の債務整理相談

債務整理の無料相談はこちらから

0120-621-017

債務整理に関するお問合せは、お電話またはメールフォームより可能です。相談料は完全無料ですのでご安心下さい。メールでのお問合せは24時間受付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

受付:平日9:00~21:00 土日祝:9:00~18:00

【東京・池袋】債務整理相談室へのアクセスはこちら

債務整理のご相談はこちら

債務整理のご相談はこちら

ご相談は完全無料です!

0120-621-017

「破産をせずに解決する方法は?」
「債務整理の費用が気になる」
「自分にはどんな債務整理が…?」

まずはお気軽にお問合せ下さい。

Menu

東京店について

弁護士法人心の東京店
お電話でのお問い合わせ
0120-621-017
住所

東京都中央区八重洲1-5-9 
八重洲アメレックスビル6F
(東京駅八重洲北口より徒歩3分)

池袋店について

弁護士法人心の池袋店
お電話でのお問い合わせ
0120-621-017
住所

東京都豊島区南池袋2-26-4
南池袋平成ビル6F
(池袋駅西武口より徒歩3分)