債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の実績多数!東京駅・池袋駅近くの弁護士事務所です!

東京都中央区八重洲1-5-9 八重洲アメレックスビル6F
(東京駅八重洲北口徒歩3分・東京メトロ日本橋駅徒歩2分)

東京都豊島区南池袋2-26-4 南池袋平成ビル6F
(池袋駅西武口徒歩3分)

受付時間
平日:9:00~22:00
土日祝:9:00~18:00

※12月31日~1月3日は除く。
また、大型連休中の休業や臨時休業もございます。

取り扱い業務
債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金) など     

債務整理の無料相談はこちら

債務整理専用無料ダイヤル
0120-621-017

200万円の借金を債務整理するとどうなる?

債務整理を説明する司法書士-500万円の借金返済が苦しければ債務整理で解決しよう

200万円の借金を債務整理すると返済額はいくらになる?」
200万円の借金に最適な債務整理とは?」

「債務整理」とは、借金問題を法的に解決する手続きのことです。一般的なものとしては、「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」の3つが挙げられます。

ただし、どの手続きで債務整理するかについては、あなたの経済状況や手持ちの財産、そして借金額によって異なりますので、弁護士や司法書士といった専門家と相談し、慎重に決める必要があるでしょう。

たとえば、借金が200万円程度の人が債務整理する場合であれば、任意整理がおすすめです。

いっぽう、個人再生すると借金は100万円まで減額されますが、弁護士や司法書士への依頼費用が50万円ほどかかってしまうため、微妙な結果になってしまうためおすすめできません。

また、専業主婦や無職の人であれば、自己破産するという選択肢ありますが、リスクを考えるとレアケースといえるでしょう。

そこで今回は、200万円の借金を債務整理するとどうなるのか、任意整理、個人再生、自己破産それぞれについて詳しく解説します。

200万円の借金を普通に返済した場合

まず、消費者金融などから借りた200万円の借金(年利18%とする)3年および5年で返済しようとすると、

  • 3年返済(36):毎月の返済額¥72,305、利息¥602,972
  • 5年返済(60):毎月の返済額¥ 50,787、利息¥ 1,047,211 

という試算結果になります。毎月の返済額が5万円~7万円もあるのはかなり厳しい状況といえるのではないでしょうか。

200万円の借金に最適な債務整理とは何か?

最後に、ここまでの説明を踏まえ、100万円の借金に適した債務整理がどれなのか考えてみたいと思います。

200万円の借金で任意整理

200万円の借金を債務整理するには、一般的には任意整理するケースが多いと思われます。

任意整理すると、利息がカットされるため、3年返済の場合でも毎月5.5万円程度まで抑えることが可能です。

また、過払い金の発生が確認された場合には、借金と相殺することもできます。

さらに、裁判所を介さない手続きである任意整理は、他の債務整理に比べ早く手続きが終わるというメリットあるため、200万円の借金を債務整理したい場合には、任意整理をメインに検討するのが賢明です。

200万円の借金で個人再生

200万円の借金を個人再生すると最大で100万円まで減額してもらうことが可能です。

一見すると借金額が半分になるため、メリットが非常に高いと思えるかもしれません。

しかし、個人再生の手続きを弁護士や司法書士にお願いすると、平均で50万円程度の費用が発生します。

よって、個人再生しても最大で50万円しか借金が減額されないため、少々残念な結果になってしまうので。したがって、200万円の借金を個人再生するのはおすすめできません。

200万円の借金で自己破産

200万円の借金を自己破産して免責(チャラにすること)を認めてもらえれば借金はゼロになります。

しかし、多くのデメリットがあるため、何らかの理由で収入の目途が立たない人以外には、200万円の借金で自己破産するのはおすすめできません。

また、自己破産する絶対条件として、「支払い能力がないこと」がありますので、サラリーマンや、継続的な収入があるアルバイトやパートの人では免責が認められる可能性は低いでしょう。

200万円の借金を任意整理した場合

では、200万円の借金を任意整理した場合について、詳しく解説します。

任意整理とは

任意整理とは、カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)に任意の交渉に応じてもらうことで、将来的に発生する利息のカットや分割払いの回数を調整してもらえるよう合意する債務整理のひとつです。

任意整理は、裁判所が介在しない手続きとなっているため、厳格なルールや手続きがなく、申立てのハードルが低く、早めに手続きが終わります。

任意整理すると利息がカットされるため、返済の負担が大きく下がる点がメリットです。

また、任意整理では、整理する借金の対象を自由に選択できるため、保証人付きの借金や、自動車ローン返済中の車を整理対象から除外することもできます。

200万円の借金を任意整理するとどうなるのか?

200万円の借金を任意整理して3年間(36)で完済しようとすると、

  • 毎月の返済額:約55,556 
  • 返済総額 :2,000,000
  • 利息:0

という試算結果になります。

したがって、毎月約56千円を3年間返済すれば、完済することが可能です。

そのまま3年間で返済した場合に比べ、約16,000円も返済額が減るため、返済にゆとりができると思います。

また、カード会社が5年返済(60)で合意してくれた場合には、

  • 毎月の返済額:約33,333 
  • 返済総額 :2,000,000
  • 利息:0

となるため、さらに毎月の負担を22,000円程度下げることも可能です。

任意整理にはデメリットもある

任意整理すると、信用情報(カード会社と顧客の取引履歴や債務整理の事実が記録されたもの)に事故情報として登録されるため、5年程度の期間はカード会社から新たな借入ができない状態になります。

これが、俗に言う「ブラックリストに載る」という状態で、具体的には以下のようなデメリットがあります。

  • クレジットカードの利用や新規発行ができなくなる
  • 分割払い・リボ払いができなくなる
  • ローンが組めなくなる
  • キャッシングできなくなる
  • 奨学金やローンの保証人になれなくなる

また、任意整理でカットされるのは将来的に発生する利息だけです。

よって、任意整理しても、借金の元本は一切減額されません。そのため、借金額が多すぎると、任意整理できない場合もあるのです。

さらに、任意整理は、あくまでもカード会社との“任意”の交渉に応じてもらうことが絶対条件になっているため、交渉に応じてもらえない場合には、任意整理することができないというリスクもあるので覚えておきましょう。

200万円の借金を個人再生した場合

次に、200万円の借金を個人再生した場合について解説します。

個人再生とは

個人再生とは、裁判所に申し立てすることで借金を1/51/10程度まで減額してもらえ、減額された原則3年間で返済できれば、完済扱いにしてもらえる債務整理です。

また、個人再生には、「住宅ローン特則」と呼ばれる、住宅ローンが残った自宅を手元に残しながら借金を減額してもらえるという夢のような制度まであります。

個人再生最大の借金減額率「最低弁済額」

個人再生すると借金を大幅に減額してもらえます。

ただし、「最低弁済額」という個人再生で減額してもらえる借金の最低額が決められているため、借金がこれ以下まで減額されることはありません。

なお、個人再生の最低弁済額は以下のように決められています。

  • 100万円~499万円⇒100万円
  • 500万円~1,499万円借金額の1/5
  • 1,500万円~2,999万円⇒300万円
  • 3,000万円~4,999万円借金額の1/10

(上記は住宅ローンを除いた金額)

したがって、200万円の借金を個人再生すると最大で100万円まで減額してもらえるということです。

ただし、あなたが保有する財産が多い場合には、減額率が下がることもあります。

清算価値とは

個人再生には、「清算価値保証の原則」と呼ばれるルールがあるため、借金を大幅に減額してもらえる代わりに、あなたが保有する財産以上の金額に関しては最低限返済しなくてはいけないというきまりがあります。

なお、清算価値とは、簡単にいえばあなたが保有する財産総額です。

よって、個人再生した際に、清算価値が最低弁済額を上回る場合には、その金額まで最低弁済額が引き上げられることになります。

たとえば、

  • 借金額:200万円
  • 清算価値:150万円

という人が個人再生した場合には、「最低弁済額:100 万円」、「清算価値:150万円」となり、清算価値の方が多くなるため、個人再生後に返済する金額が50万円も増えてしまうのです。

このように、財産を多く持つ人が個人再生すると、計画弁済額が多くなる可能性があります。

200万円の借金を個人再生するとどうなるのか?

前述した通り、200万円の借金を個人再生すると、最大で100万円まで減額してもらえる可能性があります。

しかし、個人再生の手続きを弁護士、司法書士にお願いした場合には、以下のような費用が発生します。

  • 弁護士 :3050万円程度(住宅ローン特則を適用する場合には、4060万円程度)
  • 司法書士:2030万円程度(住宅ローン特則を適用する場合には、3040万円程度)

さらに、東京地裁で個人再生をする場合などには、すべての案件に個人再生委員(裁判所が選ぶあなたの個人再生の手続きを監視、サポートする人)が選任されるため、以下の費用も追加で必要です。

  • 弁護士が代理人の場合:15万円
  • 司法書士が書類作成代行した場合:25万円

つまり、個人再生すると平均で50万円程度の費用が発生することになります。

よって、200万円の借金を個人再生しても、実質50万円程度の減額にしかならないため、減額のメリットがそれほど得られないのです。

このような理由から、200万円の借金を債務整理する場合、個人再生はおすすめできません。

200万円の借金を自己破産した場合

最後に、200万円の借金を自己破産すると、どうなるのかについても解説しておきます。

自己破産とは

自己破産とは、裁判所に申し立てることで免責を認めてもらえれば、借金をゼロにしてもらえる債務整理です。

ただし、申し立ての条件が厳しいことや、多くのデメリットもありますので、リスクが高い手続きともいえるでしょう。

200万円の借金を自己破産するとどうなるのか?

200万円の借金を自己破産して、免責が認められれば借金はゼロになります。

ただし、自己破産するための要件として、借金が「支払い不能」であるとみなされることが必須です。よって、定期的な収入がある場合には、免責が認められる可能性は低いでしょう。

ただし、会社の倒産やリストラで無職になった場合や、専業主婦で無収入という人の場合には、「支払い不能」と認められ免責が認められるケースもあります。

しかし、自己破産すると、以下のようなデメリットが発生しますので、本当に自己破産するかどうかについては、慎重に判断する必要があるでしょう。

  • 5年~10年程度の期間、ブラックリストに載る
  • ほぼ全ての財産が没収される.
  • 職業・資格が制限される
  • 免責対象外になる借金の条件がある

まとめ

まとめ-500万円の借金返済が苦しければ債務整理で解決しよう
  • 消費者金融などから借りた200万円の借金を3年間で完済しようとした場合、毎月の返済額は5万円程度、5年返済の場合には7万円程度になる
  • 200万円の借金を債務整理するなら、一般的には任意整理がおすすめといえる
  • 200万円の借金を任意整理すると将来的に発生する利息がゼロになり、毎月の返済額は約35,000円程度になる
  • 200万円の借金を個人再生すると最大100万円にまで減額してもらえるが、弁護士や司法書士の費用が50万円程度必要なため、トータルすると最大50万円程度の減額率となるためおすすめできない
  • 200万円の借金を自己破産して、免責が認められれば借金はゼロになるが、一般的なサラリーマンなどでは認められない可能性が高い

債務整理のその他のページ

任意整理で借金の支払いはどれぐらい減る?

任意整理の借金減額効果

500万円の借金に任意整理を行った場合、利息の支払いをカットすることで年間に50万円~80万円ほどの借金減額効果があります。

個人再生で借金の支払いはどれぐらい減る?

個人再生

500万円の借金が100万円にすることができるのが個人再生。個人再生は住宅ローン利用者にとっても有効な債務整理です。

自己破産を考える目安とは…?

裁判所に自己破産の申立て

500万円の借金の支払いが到底できない場合、自己破産を考えることも一つの選択肢です。自己破産の目安を解説します。

債務整理相談室(東京・池袋) 運営:弁護士法人心

弁護士法人心の債務整理相談

債務整理の無料相談はこちらから

0120-621-017

債務整理に関するお問合せは、お電話またはメールフォームより可能です。相談料は完全無料ですのでご安心下さい。メールでのお問合せは24時間受付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

受付:平日9:00~22:00 土日祝:9:00~18:00

弁護士法人心(東京・池袋)へのアクセスはこちら

債務整理のご相談はこちら

債務整理のご相談はこちら

ご相談は完全無料です!

0120-621-017

「破産をせずに解決する方法は?」
「債務整理の費用が気になる」
「どんな債務整理がいい?」

まずはお気軽にお問合せ下さい。

Menu

東京店について

弁護士法人心の東京店
お電話でのお問い合わせ
0120-621-017
住所

東京都中央区八重洲1-5-9 
八重洲アメレックスビル6F
(東京駅八重洲北口より徒歩3分)

池袋店について

弁護士法人心の池袋店
お電話でのお問い合わせ
0120-621-017
住所

東京都豊島区南池袋2-26-4
南池袋平成ビル6F
(池袋駅西武口より徒歩3分)