google-site-verification: googlea84d1aa973fb1951.html google-site-verification=BbVqN0va-yG4GIpYAyeINOvI2A0mV9g074nQ5ccRaSo

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の実績多数!東京駅・池袋駅近くの弁護士事務所です!

東京都中央区八重洲1-5-9
八重洲加藤ビルデイング(八重洲アメレックスビル)6F

(東京駅八重洲北口徒歩3分・東京メトロ日本橋駅徒歩2分)
東京都豊島区南池袋2-26-4 南池袋平成ビル6F
(池袋駅西武口徒歩3分)

受付時間
平日:9:00~21:00
土日祝:9:00~18:00

※12月31日~1月3日は除く。
また、大型連休中の休業や臨時休業もございます。

取扱業務
債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金)      

債務整理の無料相談はこちら

債務整理専用の無料ダイヤル
0120-621-017

最終更新日:2021年2月15日

債務整理後に住宅ローンの審査は通る…?

ブラックリストの影響と住宅ローン審査のポイントを確認してみよう!
債務整理と住宅ローの関係を解説する弁護士

「債務整理後の住宅ローンの審査が気になる…」

「債務整理を行っても10年ぐらい経てば住宅ローンの審査には通るようになりますか?」

債務整理を検討されている方が不安になることは、ずばり「債務整理をした後」にどのような影響があるのだろうか?という点です。

債務整理後に住宅ローンの審査が通るようになるの?というのもそのうちの一つです。

債務整理をすると、一定期間は住宅ローンの審査が通らなくなります。その理由は、債務整理のデメリットとして、ブラックリストになってしまうためです。

しかし、債務整理をしたからといって、永久にブラックリストということはもちろんありませんので、このブラックリストさえ解消されれば、住宅ローンの審査に通るチャンスは生まれるわけです。

ただ、車のローンやカードローンと比較しても、住宅ローンはその何倍にも値する高額なローンなので、そもそもの審査基準が高いということは覚えておきましょう。

それでは、債務整理後の住宅ローンの審査について、詳しく確認していきましょう。

住宅ローンの審査の仕組みとは?

まずは、住宅ローンの仕組みや審査について確認してみましょう。

住宅ローン
住宅ローンとはどんなローン?

住宅ローンとは、住宅を購入するために金融機関からローンの融資を受けることです。

住宅ローンの融資では抵当権という担保物件の設定登記がなされ、万一あなたが返済ができなくなった場合でも、強制的に住宅を売却されることである程度の返済資金は確保できるような仕組みになっています。

住宅ローンを受けられる融資額は、購入する住宅の査定評価を算出し、物件に見合った価格となります。これはいわゆる、貸し倒れの大きなリスクを防ぐ意図があります。

カードローンなどとは異なり、融資額が3000万円や4000万円などは普通の世界であるため、クレジットカードや銀行のカードローンと比べて審査が厳しいのが特徴です。

住宅ローンの審査とは?

住宅ローンの審査には、事前審査・仮審査・本審査と3段階の審査を歩むことが一般的で、その全ての審査を通過して、ようやく住宅ローンの融資を受けられるというわけです。

住宅ローンの審査で一番重要視されているのは、下記のようなものです。

・借入時・完済時の年齢
・健康状態
・収入状況(年収・勤続年数)
・連帯保証の有無
・信用情報の記録

一般的に60歳~65歳になると現在の勤務先を退職する傾向になり、収入はそれに応じて落ちます。そのため、借入時・完済時の年齢が重視されることになります。

健康状態も大事です。
なにか病気を患っている場合には、収入が落ちる可能性があったり、働けなくなる可能性もありますので、重要な審査対象になります。

年収でどれほど余裕をもって住宅ローンを返済できるかが分かり、勤続年数はその人の信頼の証でもあります。退職してしまうと、収入が落ちて住宅ローンが払えなくなる可能性もあるためです。

最後に、連帯保証とは、あなた自身が支払いができなくなった時に、代わりに返済ができる保証人をつけられるか、そうでないかというものです。夫婦とも働きの場合などは、夫が主債務者・妻が連帯保証人というケースが多いです。

信用情報の記録については、この後説明していきます。

信用情報機関と信用情報とは?

信用情報機関という組織と信用情報という記録はどういうものなのか確認していきましょう。

信用情報機関とは?
信用情報機関とは、クレジットカードやサラ金、銀行カードローンなどの利用者や銀行から融資を受けている人の返済状況を管理している機関です。我が国の信用情報機関には、CIC・JICC・JBAの3つの組織が存在します。
 
この信用情報機関の存在によって、クレジットカードの審査やローンの審査を容易に、そして、安全なものにしています。各金融機関やクレジット会社、サラ金業者は,こうした信用情報機関に加盟することにより、自社で保有している情報以外のものも把握できるようになるというわけです。
 
つまり、A社での情報はBCD社に共有され、D社の情報もABC社に共有されているようなイメージです。
 
①CIC
昭和59年にクレジット会社の出資によって設立されました。
貸金業法及び割賦販売法で定める指定信用情報機関であり、クレジット会社・リース会社・保険会社・保証会社・銀行・消費者金融会社・携帯電話会社などが加盟しています。
保有している
 
②JICC
昭和61年に設立された信用情報機関で、正式名称は「日本信用情報機構」です。
貸金業法に基づく指定信用情報機関であり、サラ金(消費者金融),商工ローン業者,クレジットカード会社(信販会社),ローン会社などの貸金業者が加盟しています。
 
③JBA
一般社団法人全国銀行協会(全銀協)が運営している信用情報機関です。
その名の通り、加盟機関は銀行を中心に,信用金庫,信用組合,農協組合,政府系金融機関,信用保証協会などが加盟しています

債務整理後に住宅ローンの審査は通る?

債務整理をした後に、なぜ住宅ローンの審査に通りにくくなるのか?
いつぐらいから住宅ローンを組めるのか?などを確認していきましょう。

債務整理後の住宅ローンの審査
ブラックリストになるため10年ぐらいは住宅ローンを諦めたほうが良い

ブラックリストになるとは、信用情報機関が管理する信用情報という記録に事故登録をされることを指します。事故登録とは、債務整理を行ったことが登録されることを指します。

金融機関は住宅ローンの融資審査段階で、この信用情報を確認し、ローンを融資するか判断します。

債務整理の手続き中や債務整理の返済を行っているこの期間は、この事故登録が残っているので、住宅ローンの融資を受けることはまず難しいです。「債務整理をしている」=お金に困っているという認識が働くのは当然であるからです。

このブラックリストが解除されるのは、早い人で債務整理の返済が終わった後、遅い場合には債務整理の返済が終わった段階から5年ぐらい経過した後と言われています。

債務整理の返済が5年続いたと仮定して、その後の5年を加算した10年ぐらいを一つの目安として考えておくとよいでしょう。

ブラックリストとは関係なく住宅ローンを組めないケースもある

先ほど「住宅ローンの仕組みとは?」で説明した通り、、住宅ローンの審査はそもそも厳しいのが現状です。そのため、債務整理によるブラックリストが原因でなくても審査にとおらないということもあります。

ブラックリストではなかったとしても、そもそも年収の基準を満たしていない場合や、健康状態が良くない場合などは、ブラックリストでと同じくらい、返済ができないかもしれないという推測を働かせてしまうためです。

債務整理後に住宅ローンの審査が通りやすくなるポイントは?

債務整理後に住宅ローンを組む場合に、審査が通りやすくなるポイントをまとめてみました。

一つずつ確認してみましょう。

ブラックリストが解除されたのを確認して審査を申し込む

住宅ローンを申込む前に信用情報機関へ信用情報の取寄せを行ってみましょう。信用情報に、「債務整理返済中」などの記載がされてしまっている場合には審査は通りません。

こうした記録が消えてた後に、再度申し込みを行っても、1回目の信用情報の記録が残されていると審査に通りにくくなります。

債務整理を行ったカード会社ではない系列の金融機関へ申込

例えば、三菱UFJグループのアコムやニコスの債務整理を行った方であれば、三菱UFJ銀行は避ける。
三井住友グループのSMBCコンシューマーファイナンスやセディナに債務整理を行った方であれば、三井住友銀行は避けるといったように、同グループ間の融資申し込みは避けたほうが審査は通りやすいでしょう。

債務整理の支払いを返済計画通りに完済すること

債務整理の返済を滞納していたり、予定された分割回数より長く支払っていると、やはり金融機関の印象はよくありません。住宅ローンの返済も滞納されたりするのかも…というイメージを抱いてしまうからです。

債務整理で予定されている返済は、毎月期日までにきちっと返済を行いましょう。

年齢・融資額を踏まえ妥当な融資を申し込む

銀行が定める融資条件に余裕をもって申込をすることで、審査を通りやすくするコツです。

ブラックリストになったことのない人でも、住宅ローンの審査は普通に落ちることはあります。つまり、ブラックリストと同じくらい年齢や年収、健康状態などの融資基準は大事であるということです。

頭金を用意する

頭金を用意するというのは、住宅ローンの審査を通りやすくする一つのポイントです。

融資額の前払いを受けられることで、万一返済ができなく名っとしても、ローン対象の不動産を売却すれば、金融機関側に貸し倒れのリスクが少なくなるためです。

なるべく審査の甘い金融機関をチョイスする

住宅ローンには審査の厳しい金融機関と、比較的審査が甘い金融機関があります。

例えば、メガバンクである三菱UFJや三井住友、みずほ銀行と比べれば、地方銀行である大光銀行や静岡銀行などや、銀行の歴史としては新しいイオン銀行や楽天銀行などのほうが審査は通りやすい傾向にあります。

こうした金融機関に絞って、住宅ローンの申込みを行ったほうが審査は通りやすいでしょう。

債務整理後に住宅ローンの審査は通る?(まとめ)

まとめ-債務整理の住宅ローンへの影響は?

債務整理後、どんなに早くても5年、そいて普通に考えて10年ほどは住宅ローンの審査に通るのは難しいと考えたほうが良いでしょう。

そもそも住宅ローンは、最も高額なローンです。
そのため、審査基準が高いため、ブラックリスト以外の点にも配慮しなければ、審査に通ることは難しいケースもあるので注意しましょう。

将来住宅ローンの審査を申し込む場合には、ブラックリストが解除されているのをますは確認しましょう。この解除がなされていなければ、100%審査には通らないためです。

そして、なるべく審査の甘い金融機関を探したり、頭金を用意したりすることで、審査に通る確率はぐっと上がります。

弁護士法人心の事務所案内

運営弁護士事務所名 弁護士法人心(べんごしほうじんこころ)
代表弁護士 西尾 有司
東京事務所長 石井 浩一(東京弁護士会所属・東京法律事務所)
池袋事務所長 田中 浩登(東京弁護士会所属・池袋法律事務所)
住所

〒103-0028
東京都中央区八重洲1-5-9 八重洲加藤ビルデイング(八重洲アメレックスビル)6F

〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-26-4 南池袋平成ビル6F

電話番号 0120-621-017
営業時間

平日:9:00~21:00
土日祝:9:00~18:00

債務整理のその他のページ

債務整理の車への影響は?

債務整理の車への影響

「車がないと生活に不便で」自分の車を持っている人は債務整理と車の関係をチェック!

債務整理の携帯電話やスマホへの影響は?

債務整理を行った場合の携帯電話やスマホへの影響

債務整理しても携帯電話はそのまま使えます。機種変更時は本体一括購入になるのがポイント!

債務整理の家族(妻,子供)への影響は?

債務整理の家族への影響

「妻や息子に債務整理の影響はない?」債務整理の家族への影響はありません。詳しくはこちら。

(池袋・東京)債務整理相談室( 運営:弁護士法人心)

弁護士法人心の債務整理相談

お電話での無料相談はこちらから

0120-621-017

債務整理に関するお問合せは、お電話又はメールフォームより、お気軽にご連絡ください。

債務整理のご相談は全て無料です。

(電話相談の受付時間)
平日9時~21時 土日祝:9時~18時

債務整理のご相談はこちら

債務整理のご相談はこちら

ご相談は完全無料です!

0120-621-017

「破産をせずに解決する方法は?」
「債務整理の費用が気になる」
「自分にはどんな債務整理が…?」

まずはお気軽にお問合せ下さい。

Menu

東京店について

弁護士法人心の東京店
お電話でのお問い合わせ
0120-621-017
住所

東京都中央区八重洲1-5-9
八重洲加藤ビルデイング(八重洲アメレックスビル)6F
※東京駅八重洲北口より徒歩3分

池袋店について

弁護士法人心の池袋店
お電話でのお問い合わせ
0120-621-017
住所

東京都豊島区南池袋2-26-4
南池袋平成ビル6F
(池袋駅西武口より徒歩3分)